「あの粉」の量がアップ!ハッピーターンが10月19日にリニューアル

亀田製菓、ハッピーパウダー量をアップさせた「120gハッピーターン」を発売 - 日経プレスリリース

新製法でハッピーパウダー量がアップ

今回のリニューアルでは、ハッピーターンの特徴である「あの粉」=「ハッピーパウダー」を、ベースとなるせんべいによりたくさん付着させる「パウダーキャッチ製法」を進化させたとのこと。パウダーをキャッチするための小さな溝「パウダーポケット」と、小さな凸凹「でこぼこゾーン」の数を増やすことで、付着するパウダー量がアップしたそうです。

f:id:kiyohero:20091006174027p:image:w300

新・パウダーキャッチ製法のイメージ図。

パッケージデザインもリニューアル

またパッケージなどでこれまで活躍していた「ハピたん」に代わり、新キャラクターの「ハッピー王国のターン王子」が登場。個包装の包み紙にはこれまで「日常のちょっとしたハッピーな出来事」が記載されていましたが、今後は「ターン王子」と「ハッピー王国」について語られる“ちゃお★ハッピー王国”が記載されるそうです。

f:id:kiyohero:20091006174028p:image:w300

新キャラクター「ターン王子」。「ハッピーになぁれ~♪」と言いながらハッピーパウダーをふりまいてくれる。

f:id:kiyohero:20091006174029p:image

これまでにパッケージなどに描かれていた「ハピたん」。今後はターン王子が商品パッケージやプロモーションなどで登場する予定とのこと。


ハッピーターンが登場したのは、第一次オイルショックの影響が色濃く残っていた1976年。「幸せ(ハッピー)が戻ってくる(ターン)ように」という願いをこめて作られたそうです。よりたくさんのハッピーパウダーが付くようになった今回のリニューアルで、よりたくさんの家庭に幸せを届けられるといいですね。筆者もハッピーターンファンの一人ですが、パウダー増量でついつい食べ過ぎないように気をつけたいと思います。


亀田 BIGBOX ハッピーターン

亀田 BIGBOX ハッピーターン

  • 出版社/メーカー: シャディ
  • メディア: その他

「ハッピーターン」に関連する商品 by BECOME