読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

イスに座ったままでもOK!今すぐできる「肩こり解消法」


■空いた時間でできる簡単ストレッチ

まずはオフィスでもできる簡単なストレッチ。無理はせず、自分が気持ちいいと感じる範囲で行うのがポイントです。

“座りながらできる”3つのストレッチ!
肩こりに効くストレッチ(オフィス編) - [男のエクササイズ]All About
こちらで紹介しているのは、イスに座りながらでもできる「腕・胸・背中のストレッチ」「背中のストレッチ」「胸のストレッチ」の3種類。ストレッチをする際は、痛みを感じるほど伸ばしたり、呼吸を止めるなどの無理は禁物。また時間がない時は、色々やるよりも1種類をじっくりやるほうが効果的とのことです。

「上半身をくまなく伸ばす」のがポイント!
オフィスでもできる肩こりストレッチ。ポイントは、上半身全部をくまなく伸ばすこと! - HEALTHCARE - X BRAND
肩こり解消の秘訣は、「上半身をくまなく伸ばす」こと。こちらのエントリーでは、肩こり発祥のポイントである“首”のストレッチと、腕をコントロールするために日々働き続けている“肩甲骨”のストレッチを学ぶことができます。各筋肉の役割や肩こりが起こるメカニズムについても解説されているので勉強になりますね。

首をゆっくり倒すだけでも効果アリ!
肩こりストレッチ【肩こり百科】
こちらも、空いた時間にすぐできる首と肩のストレッチです。首を左右にゆっくり倒したり、回したり、肩がこると無意識にやっている簡単な動きも、ストレッチとして効果があります。

■正しいPC姿勢を心がけよう!

肩こりの原因として特に多いのは、やはり「長時間同じ姿勢でPCに向い続けること」ですよね。普段PCに向かう際の姿勢も、この機会に見直してみましょう。

肩こり知らずの正しいパソコン姿勢 - [肩こり・腰痛]All About
「パソコンの姿勢チェック表」として12の項目を挙げているのがこちら。「気がつくと背中が丸まっている。 」「イスと机の高さが自分には合わない気がする。 」「机の下が物置になっている。(書類箱やカバンなどが置いてある。 」など、思い当たる人も多いのではないでしょうか?

PCと腰痛・肩こりの因果関係と対策
本来、人間が同じの姿勢を保つ筋肉は30分しか持たないそう。そのため、長時間同じ姿勢を続けるとどうしても身体が無理をしてしまい、肩こりなどの原因になります。こちらのエントリーでは、そうならないための理想的な頭の位置や肩の高さを図で解説しています。イスの高さを少し変えるだけでも、改善できそうですね。


放っておくとさらにこり固まって、ますます治すのが大変になりますよね。空いた時間を使ってのストレッチ、そして普段の姿勢を改善すれば、肩こりだけでなく腰痛や目の疲れの予防にも。また肩こりと同時に疲れ目にもお悩みの方は、以前ご紹介したこちらのエントリーもどうぞ。
「目が疲れた」と感じたら! 今すぐできる“疲れ目解消法” - はてなブックマークニュース

文: 飯塚朋子

関連エントリー