• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

混ぜ方ひとつで味が変わる!?「納豆」をもっと美味しくするレシピ


■みんなのこだわりは?納豆の美味しい食べ方

調味料や具材の組み合わせで、数えきれないくらいのパターンがある納豆の食べ方。あなたはいつもどんなふうに食べていますか?


納豆の美味しい食べ方は? - Excite Bit コネタ
http://alfalfalfa.com/archives/395878.html
結局、納豆の一番美味しい食べ方は何なんだよ : 【2ch】ニュー速クオリティ
納豆の一番美味しい食べ方「奇跡の味」が発見される - スチーム速報 VIP
「美味しい納豆の食べ方」をテーマにしたこれらのエントリー。ユーザーから寄せられた意見を見てみると、付属のタレや醤油のほか、塩やマヨネーズ、ポン酢、ラー油、オリーブオイル、わさびなど、納豆の味付けには実に様々な調味料が使われているようです。また具材については卵やネギ、しらすなどがおなじみですが、大根おろしやたくあん、辛子明太子、塩辛を混ぜると美味しいという意見もありました。さらにはごはんにかけるだけでなく、「味噌汁に入れる」「焼き餃子にかける」「カレーにかける」という人も。こうして見てみると、納豆はかなりの万能食材ということが分かりますね。

■混ぜ方にもこだわってみよう

「納豆はたくさん混ぜるほうが美味しい」という話はよく聞きますが、やはり混ぜ方で美味しさが変わってくるのでしょうか?

<目安は50回!納豆の美味しい混ぜ方>

http://www.asahimatsu.co.jp/kihon/natto_mazekata.html
「なっとういち」でおなじみの旭松食品のサイトによれば「同じ納豆でも混ぜ方で味が変わる」とのこと。サイトでは美味しい混ぜ方を次のように紹介しているので、「いつも適当に混ぜていた」という人は試してみてはいかがでしょうか?

  • 1.真ん中から納豆を崩し、豆をひとつひとつバラバラにするような感じでやさしくほぐす。
  • 2.納豆がバラバラになったら、素早く力強く、四角い容器の中で円を描くようにして50回程度かき混ぜる。
  • 3.納豆を箸で少し持ち上げた時、白く強い糸に引かれ、一粒残らず持ち上がる状態ならOK。
  • 4.からし、タレの順に真ん中に流し入れる。
  • 5.軽くからませる感じで10回程度混ぜて出来上がり。

<“1万回混ぜる”とどうなる?>

@nifty:デイリーポータルZ:納豆を一万回混ぜる
そして、なんと納豆を1万回も混ぜてみたというのがこちらのエントリー。1万回混ぜた納豆は原型をとどめないペースト状になっており、食べてみると匂いはそのままで味は“カニ味噌”っぽくなったとのことです。

■納豆を使った美味しいレシピが知りたい!

料理に使っても美味しい納豆。続いては、はてなブックマークでも話題の納豆を使ったアレンジレシピをご紹介します。

<泣くほど美味しい“納豆パスタ”>

1度食べたらほとんどやみつき?彼女も泣いて欲しがるうまさの「納豆パスタ」の作り方 - もともこも鳴き笑い
納豆を使ったレシピの中でも、特に人気なのが「納豆パスタ」。こちらのエントリーでは、たけだみりこさんのマンガ「セイシュンの食卓」に登場した、「1度食べたらほとんどやみつき。彼女も泣いて欲しがるうまさ。日本納豆普及本舗洋麺部がおくる自信作」という納豆パスタのレシピを紹介しています。

<給食でも大人気の“スタミナ納豆”って?>

ケンミンショー紹介☆鳥取♥スタミナ納豆♥ by TOMO✿TOMO 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが280万品
ケンミンSHOW スタミナ納豆 作り方 | TVで紹介されたレシピ情報
こちらは鳥取県の学校給食の人気メニューとしてテレビでも紹介されたという「スタミナ納豆」の作り方です。しょうがやニンニク、タバスコの風味で納豆が苦手な人でも食べられそうですね。

<みんなのオリジナルレシピは?>

納豆大好きなんでみんなのオリジナルでカンタンなレシピ教えて:アルファルファモザイクだった
こちらのエントリーにも、納豆を使った美味しいレシピがたくさん。「油揚げに包んで焼く」「とろろそばに入れる」「お好み焼きや焼きそばの具にする」「トーストにする」など、いずれも簡単なものばかりです。

■“自家製納豆”にチャレンジしてみよう

納豆好きなら、自分で一から納豆を作ってみるのはいかがでしょうか?


http://jp.blogs.com/2009/12/homemade-fermented-soybeans.html
圧力鍋で作る「自家製納豆」のレシピがこちら。材料は大豆と市販の納豆のみで、ポイントは「市販の納豆は新鮮なものを使う」「豆がアツアツのうちに納豆と混ぜる」「温度を一定に保つよう工夫する」の3つです。


シンプルにそのまま食べるのもいいですが、いつものおかずにちょっと加えれば、また違った美味しさを発見できそうですね。納豆好きな人も、苦手だけど食べられるようになりたいという人も、気になったレシピがあればぜひ試してみて下さい。


Title Photo by giovanniscanavino

文: 飯塚朋子

関連エントリー