• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』発売、ジョブズ流を解き明かす



イメージや動画を多用して、聴衆の感覚に情熱的に訴えかけるジョブズ氏のプレゼンテーション。その極意を知ることができるとあり、『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』は発売前からはてなブックマークで注目を集めています。

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

  • 作者: カーマイン・ガロ,外村仁解説,井口耕二
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2010/07/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 126人 クリック: 3,690回
  • この商品を含むブログ (302件) を見る

著者はコミュニケーションスキルのコーチであるカーマイン・ガロ氏。読者を引き込む語り口で、思わずニヤリとしてしまうエピソードを織り交ぜながら、「構想はアナログでまとめる」「一番大事な問いに答える」といったジョブズ氏のプレゼンテーションに見られる18の法則を具体的に解説しています。

かのプレゼンテーションは天才だけの成せる技なのでしょうか。読者を励ます次のような一文がプロローグにあります。

ジョブズの準備の仕方やプレゼンテーションのやり方を正確に学びさえすれば、誰でも、あのすごい力が使えるようになる。

小手先のプレゼンテーションテクニック集とは一線を画し、プレゼンテーションに対するこれまでの常識を覆す『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』。価格は1890円(税込)。自らの"情熱"を伝えたいすべての人に必携の一冊と言えそうです。

また、本書の刊行を記念して、7月15日(木)に東京の丸善・丸の内本店で、解説者の外村仁さんと訳者の林信行さんによるトークショーが開催されるとのこと。イベントに足を運んで発売日の熱気を感じてみてはいかがでしょうか。

http://www.maruzen.co.jp/Blog/Blog/maruzen02/P/10647.aspx

The photo is by "Tom Coates".

文: イノアキ

関連エントリー