• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

Jコミに掲載された新條まゆさんの読み切りに52万5千円の「純利益」



【凄いお知らせ】 何と、昔の読み切りマンガ作品が、52万5千円に! - (株)Jコミックテラスの中の人
放課後ウエディング | マンガ図書館Z - 全巻無料で読み放題

マンガ家の赤松健さんが運営する「Jコミ」は、絶版の漫画を無料配信しそこから得た広告収入を作者に還元する事業およびWebサービスです。2010年11月26日のベータ版公開以降、さまざまなネットメディアにとり上げられ、話題を呼んでいます。

1月11日に公開された「放課後ウエディング」は、「快感フレーズ」などのヒットで知られる少女マンガ家、新條まゆさんの読み切りマンガです。Jコミで初めて一般企業からの有料出稿を受けた「ベータ2テスト」の第1弾として掲載され、作中には3つの広告ページが挿入されています。広告料金の純利益である52万5千円は、広告代理店の手数料を引いたもので、この金額がそのまま新條さんの手取り額となるそうです。

50ページの読み切り作品でこれだけの利益が出たことに赤松さんは、「う、うわ~っ!! マジですかコレ!? やった!!(笑)」とコメント。1月26日(水)に誕生日を迎えた新條さんも自身のTwitterアカウントで「すごく高額な誕生日プレゼントになりました!これでママにカメラとマクロレンズ買ってあげてお釣りが出る!」と、喜びのツイートを投稿しています。

ありのまま新條まゆ on Twitter: "すごく高額な誕生日プレゼントになりました!これでママにカメラとマクロレンズ買ってあげてお釣りが出る! RT @KenAkamatsu: 【Jコミ:凄いお知らせ】 何と、昔の読み切りマンガ作品が、52万5千円に! http://bit.ly/dhGWBI #jcomi"

Jコミでは現在、梶研吾さん原作、樹崎聖さん作画の絶版マンガ『交通事故鑑定人 環倫一郎』(全18巻)も配信しており、こちらの純利益も1か月をめどに発表するとしています。


文: タニグチナオミ

関連エントリー