いくつ見つけた? “ドラクエ風”Google マップに散りばめられたランドマークやモンスター

Google Japan Blog: ファミコン版 Google マップ 8 ビットができました。 Google Japan Blog: ファミコン版 Google マップ 8 ビットができました。

Google Maps 8-bit for NES - YouTube Google Maps 8-bit for NES - YouTube

任天堂やスクウェア・エニックスとコラボレートしたGoogle マップ 8 ビットは、家庭用ゲーム機「ファミリーコンピューター(ファミコン)」向けに開発したそうです。マップデザインは、RPG「ドラゴンクエスト」シリーズをモチーフにしたドット絵で表現されています。公開されているのは“体験版”で、Google マップのトップページ右上にある「ぼうけん」、または左下にある「ぼうけんをはじめる」からアクセスできます。正式に発売されれば、ファミコン史上18年ぶりのリリース、1,054本目のソフトになるとのこと。現在は発売に向けて最終調整を行っているほか、携帯端末向けには「ゲームボーイ」版の開発を進めているとしています。

ドラクエ風になったグーグルマップで冒険してみたまとめ【ほぼ全モンスター・ランドマークコンプリート】 - NAVER まとめ ドラクエ風になったグーグルマップで冒険してみたまとめ【ほぼ全モンスター・ランドマークコンプリート】 - NAVER まとめ

Google×スクエニの「竜王様世界征服マップ」がすごい - Togetter Google×スクエニの「竜王様世界征服マップ」がすごい - Togetter

Google Map で世界中を冒険してきた | 8bitodyssey.com Google Map で世界中を冒険してきた | 8bitodyssey.com

上記のエントリーには、“ぼうけん”によって発見された各国のランドマークやモンスターがまとめられています。日本国内のランドマークは、東京スカイツリー金閣寺太陽の塔などがドット絵で登場しています。海外のランドマークは、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城や、イースター島のモアイ像、ペルーのナスカの地上絵などが発見されました。米カリフォルニア州にあるGoogle本社の場所には、Androidのマスコットキャラクター“ドロイド君”が立っています。

モンスターは、東京・新宿のスクウェア・エニックス本社がある場所で「スライム」が、富士山のふもとで「ゴースト」が見つかっています。経度・経度が0の地点には「竜王」の姿が。ズームをすると、ドラゴンの姿に変身します。

この他、さまざまなモンスターが世界のあちこちで見つかっています。

はてなブックマークのコメント欄には、「何かもう最高にときめかせて頂きました」「エイプリルフールってレベルじゃない作り込み」「全世界対応なのがすごいね!」といった驚きの声が集まっています。

Google マップ 8 ビットでは、エイプリルフールが終了した4月2日(月)午後7時現在も“ぼうけん”できます。

「ドラゴンクエスト」に関連する商品 by BECOME