• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

萩尾望都さんが語るマンガの魅力とは 紫綬褒章の受章インタビュー、NHKが全文公開



http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/800/119069.html

紫綬褒章は、学術、芸術の分野で功績を残した人物に送られます。萩尾さんは1969年、少女マンガ誌「なかよし」に掲載された「ルルとミミ」でデビュー。その後「ポーの一族」「11人いる!」「残酷な神が支配する」など数々の作品を発表しました。

3月に電話で受章を知らされたという萩尾さんは、当時の心境を「まさか、いいんでしょうかほんとにって感じで、まだそのびっくりが続いているような感じです」と語りました。「文学的」と評される自身の作風については、「SFとか、ヘッセとか、ロマン・ロランとかの影響も受けている」とのこと。1974年発表の「トーマの心臓」では、「もっと人間性というものは細やかなもので、その細やかなものを描いてもいいんじゃないか」と思い、悩みを抱える主人公の様子を描いたそうです。

萩尾さんにとって、マンガの魅力は「絵と言葉」だそう。カット割り次第で読み手の気持ちをとことん揺さぶれるとして、「自分も揺さぶられましたし、おなじ揺さぶりを描いて、誰かに返したい」と述べています。今後描きたいテーマについては、福島第一原子力発電所の事故を挙げたほか、「SFとか、もしくは衣装が好きなのでコスチュームが出てくる華やかな話を、歴史物とかを描きたい」と回答しています。

はてなブックマークのコメント欄には、「ヘッセの影響ってのはとても頷けるなぁ」「語り手が見上げた空に鳥がさえずっている、というような、ストーリーと無関係なシーンが描き込まれていたのが子ども心に新鮮だったなあ」といった声が寄せられています。

トーマの心臓 (小学館文庫)

トーマの心臓 (小学館文庫)

ポーの一族 文庫版 コミック 全3巻完結セット (小学館文庫)

ポーの一族 文庫版 コミック 全3巻完結セット (小学館文庫)

文: あおきめぐみ

関連エントリー