• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

マンガ家・萩尾望都さん初の対談集発売 手塚治虫さん、羽海野チカさんなど計8人と



マンガのあなた SFのわたし :萩尾 望都|河出書房新社

「マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編」は、萩尾望都さんの初めての対談集です。『鉄腕アトム』『火の鳥』などで知られる手塚治虫さんや、1976年から連載が続く『ガラスの仮面』の作者・美内すずえさん、『日本沈没』『さよならジュピター』などを著したSF作家の小松左京さんを含む7人と1970年代に行った対談に加え、『3月のライオン』などの作者・羽海野チカさんと新たに行った対談も収録しています。目次は以下の通りです。

第1章 手塚治虫 「SFマンガについて語ろう」
第2章 水野英子 「私たちって変わり者かしら」
第3章 石ノ森章太郎 「SFの話は延々尽きない」
第4章 美内すずえ 「親愛なるモー様へ」
第5章 寺山修司 「月で修学旅行の案内係」
第6章 小松左京 「絵の理想型とは?」
第7章 手塚治虫+松本零士 「マンガ、SF、アニメーション」
第8章 羽海野チカ 「全部、萩尾作品から学びました」

羽海野チカさんは自身のTwitterで、対談集について「新規対談として羽海野が巻末で対談させていただいています。とっても幸せな時間でした!」と紹介。生まれて初めて買った単行本が手塚治虫さんの『リボンの騎士』だったこと、マンガ家になりたいと思ったのは萩尾望都さんの『東の地平西の永遠』を読み終えた時だったというエピソードとともに、「私に漫画の世界を教えてくださったお二方と同じ御本の末席に座らせて頂けた事、感謝で胸がいっぱいです」とコメントしています。
Twitter / 羽海野チカ: 明日2月22日発売です(´ω`)新規対談として羽海野 ...
Twitter / 羽海野チカ: 私が生まれて初めて買った単行本は手塚先生のリボンの騎 ...

マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編

マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編

文: 山崎メイ

関連エントリー