• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

KLab、すべてのソーシャルゲームで“コンプガチャ”停止へ 「自主的に停止すべきと判断」



http://www.klab.jp/press/2012/120509b.html

コンプガチャは、ゲーム内で一定のアイテムをコンプリートするとレアアイテムがもらえる仕組みです。消費者庁は、コンプガチャが景品表示法に抵触するとして、違法との見解を示すことを示唆しています。

Klabは、具体的な中止の要請がない時点での停止について「監督官庁から指導・要請される前に、業界側が自主的に規制することが望ましい」と説明。すでに実施しているガチャ企画の期間満了日である5月31日をもって、コンプガチャおよびテーマガチャをすべて停止するとしています。今後のゲーム開発については「ソーシャルゲームあるいはオンラインゲームの本来の楽しさである、協力・競争などのソーシャル性やイベントなどを追求」するとのことです。

はてなブックマークのコメント欄には、「すごい決断」「コンプガチャだけが問題ってこともないだろうけど」「いろいろ意見はでてくると思うけど、先陣を切ってお知らせ出したのはいいと思う」といった意見が集まっています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー