• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

辛くないおろし方は? から揚げが激ウマに? 目からウロコの「大根おろしの秘密」


■ 辛さは自分で調節できる? 大根おろしの秘密

同じ大根おろしでも、「辛い」と感じるときとそうでないときがありますよね。この違いはどこから来るのでしょうか?


NHK ガッテン!

NHK「ためしてガッテン」の大根おろし特集によれば、辛さの秘密は大根に含まれる「ミロシナーゼ」という酵素だそう。ミロシナーゼは皮に近い部分の形成層に多く含まれているので、外側の部分を使えば辛みを、内側の部分を使えば甘みを強くした大根おろしを作れます。よく「大根は上が甘く下が辛い」と言われるのは、下の部分になるほど形成層が厚くなるためです。

また、そのまま食べるのはもちろん、たけのこのアクを抜くときや玄米を炊くとき、牡蛎(かき)を洗うときにも大根おろしやおろし汁が使えます。上記のエントリーでは、大根おろしを使ったおいしいレシピや、料理の裏技を多数紹介しています。

■ 上手なおろし方をマスターしよう


大根おろしの上手なおろし方|ふだんの料理をちゃんとおいしく。料理家平井一代

大根おろしの辛みをやわらげるには、辛み成分の少ない内側の部分を使うと同時に、「丸く円を描くようにゆっくりおろす」のもポイントです。おろす際に力を入れすぎると、繊維が壊れて辛み成分が出てきてしまいます。

■ から揚げが変わる? 絶対作りたい“大根おろしレシピ”

続いては、はてなブックマークで人気の大根おろしを使ったレシピです。

<絶品! みぞれ煮>


ぶり大根に大根餅、カレーにも使える!今が旬の「大根」レシピ - はてなニュース

大根を使ったレシピの中でも特に人気なのが、豚肉や鶏肉を大根おろしと一緒に煮込んだ「みぞれ煮」。ごはんが止まらなくなる一品です。

<から揚げとの相性は抜群>


タモリ式鶏のから揚げの作り方 - たいしょうの『言り独』
めっちゃ旨い唐揚げの作り方教えてくれ・・・ - アルカン速報

芸能界でも屈指の料理上手として知られるタモリさんによれば、「大根おろし+わさび少々+白醤油」を混ぜ合わせたタレがから揚げによく合うそう。また味付け前の鶏肉を大根おろしに漬けておくことで、パサパサせずジューシーなから揚げに仕上がるという裏技もあります。

■ 口内炎や二日酔いにも効く?

「大根おろしに医者いらず」という言葉があるように、健康面でもうれしい効果がたくさんあります。


“大根おろし”のもつ素晴らしい効能!! [ranran163love]|OKWAVE Guide[OKWAVE ガイド]

大根おろしに含まれる辛み成分には、免疫力アップや殺菌、消化促進などの作用があると言われています。おろし汁でうがいをすると、口内炎や虫歯といった口の中の炎症を緩和する、という民間療法も。皮ごとおろせば、二日酔いにも効果があるそうです。


どんな料理も大根おろしを乗せるだけでさっぱり食べられるので、食欲がわかないときにもぴったりですね。「そのまま食べるのは苦手」という人は、他の食材と合わせたり、隠し味として使ってみてはいかがでしょうか?

Title Photo by is_kyoto_jp

文: 飯塚朋子

関連エントリー