• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

冬の味覚「カキ」を味わおう 処理方法やカキフライのコツ、個性派レシピも


■調理前に知っておきたい、カキの処理方法

<殻付きカキのむき方は?>

http://www.kaki-yamashita.co.jp/recipe/shita.html

こちらのエントリーでは、殻付きカキのむき方や保存方法、むき身の扱い方などがまとめられています。カキの殻は先端が鋭利なので、軍手やタオルを使って処理するようにしましょう。また品質を維持するために、以下のポイントを守るようにしましょう。

  • 真水には漬けない
  • 温かい所に置かない。冷蔵庫で保存し、殻の表面を湿らせておく
  • 早めに食べる
<カキの洗い方>

牡蠣をピカピカに洗う方法 by たくのスプーン [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが258万品

カキのぬめりを洗う方法は、大根おろしでもむのが一般的ですが、片栗粉でも代用できます。大根が手元にない方は、一度片栗粉で試してみてください。

■定番「カキフライ」のコツは?

カキ料理の定番といえば「カキフライ」ですが、レストランの「カリッとジューシー」な味わいを再現するのはなかなか難しいもの。以下のエントリーには、プロの料理人から教わったという、家庭でおいしいカキフライを作るコツがまとめられています。

http://www.catalog.coop/070103/244.html

これによると、おいしいカキフライのポイントは全部で7つです。

  • カキの購入
  • カキの下ごしらえ
  • 小麦粉のまぶし方
  • 使用するパン粉
  • パン粉のまぶし方
  • 油への投入方法揚げ
  • 油の温度と揚げる時間

新鮮なカキを購入することはもちろん、小麦粉をたっぷりとまぶす、生パン粉を使う、油の温度や揚げ時間をきちんと管理するという点が重要です。ちなみに、油の温度は「175度」、揚げ時間は「2分強」がジューシーなカキフライを作るコツのようです。

また下記では、カキフライに欠かせない「タルタルソース」の簡単レシピが紹介されています。あわせてチェックしてみてください。

簡単タルタルソース by かけまま [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが258万品

■定番から個性派まで、3つのカキレシピ

最後に、カキを使ったその他のレシピを3つ紹介します。

<炊き込みご飯>


身がプリプリのカキ飯 by arare* [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが258万品

カキフライに並び定番メニューとして愛されている、カキの炊き込みごはん。カキはあらかじめ料理酒やみりん、しょうゆ、ショウガなどで煮て下味をつけておくこと、その煮汁を入れて炊くことなどが、美味しさの秘訣のようです。

<オイル漬け>


簡単作り置きおつまみ!牡蠣のオイル漬け by 食べりゃんせ [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが258万品

グレープシードオイルやオイスターソース、ローリエなどで作るカキのオイル漬けは、おつまみにもピッタリです。冷蔵庫で1か月ほどは保存できるようなので、作り置きにも適しています。いつもと違うレシピで、カキのまた違ったおいしさを堪能してみてはいかがでしょう。

<ルクエでミルクスープ>


http://www.lekue.jp/article/141241323.html

こちらは、人気のシリコンスチーマー「ルクエ」を使った、カキのミルクスープのレシピです。作り方はまず、みじん切りのタマネギ、ミックスベジタブル、カキを入れて、塩、こしょう、白ワインをふりかけて電子レンジで加熱します。その後いったん取り出し、クリームシチューのルー、チキンブイヨン、牛乳、粗びき黒こしょうをふりかけてもう一度加熱するだけ。加熱時間も計5分ととても短く、手軽に作ることができます。


Title Photo by
[puamelia]

文: タニグチナオミ

関連エントリー