• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

国立国会図書館、デジタル図書2万3千点をWebで追加公開 柳田國男や吉川英治の著作も



著作権処理の終了した図書2万3千点を新たにインターネット公開しました(付・プレスリリース)|国立国会図書館―National Diet Library

Web上で公開された図書には、2013年1月に著作権保護期間が満了した人物の著作が含まれています。一例は以下の通りです。

  • 柳田國男(民俗学者)
  • 吉川英治(小説家)
  • 室生犀星(詩人)
  • 中谷宇吉郎(物理学者)
  • 正宗白鳥(小説家)

デジタル化図書は、国立国会図書館のWebサービス「近代デジタルライブラリー」と「国立国会図書館デジタル化資料」で閲覧できます。今回の図書の追加で、同館が提供するデジタル化資料の総数は約223万点に増加。そのうちWebで利用できるのは約45万点です。

国立国会図書館デジタルコレクション
国立国会図書館デジタルコレクション

また国立国会図書館内では同日21日から、デジタル化した雑誌約2万6千点が館内限定で閲覧可能となりました。

はてなブックマークのコメント欄には、「だいぶ増えてきたねー」「事業の継続性のある公的な機関がこういうデジタルアーカイブをしてくれるのはとても嬉しい」などの声が寄せられています。

文: タニグチナオミ

関連エントリー