4/6~4/8は全国で“台風並み”の荒天になる可能性 強風で「樹木が根こそぎ吹き飛ぶ」恐れも

週末は猛烈低気圧で台風並みの暴風に(2013年4月4日) - 日直予報士 - 日本気象協会 tenki.jp 週末は猛烈低気圧で台風並みの暴風に(2013年4月4日) - 日直予報士 - 日本気象協会 tenki.jp

嵐の備えはきょうのうちに(2013年4月5日) - 日直予報士 - 日本気象協会 tenki.jp 嵐の備えはきょうのうちに(2013年4月5日) - 日直予報士 - 日本気象協会 tenki.jp

今回の“猛烈低気圧”は、急速に発達しながらゆっくりと日本海を進むため、全国的に台風並みの暴風が吹き荒れる恐れがあります。風は西から強まる見込みで、暴風のピークは沖縄付近が4月6日、九州から関東が4月6日~4月7日、東北から北海道が4月7日~4月8日になると予想。ピーク時だけでなく、前後の期間も警戒が必要としています。

tenki.jpのコンテンツ「日直予報士」では、暴風が予想される間は屋外の物が飛ばされたり交通機関が乱れたりする可能性があるとして、不要不急の外出を避けるよう注意を促しています。

国の行政情報に関するポータルサイト「政府広報オンライン」によると、3月から5月にかけては、低気圧の急速な発達で「春の嵐」「メイストーム」と呼ばれる台風並みの暴風や猛吹雪が発生しやすいとのこと。このため、急な天気の崩れが予想される際は「台風と同じように警戒してください」と呼び掛けています。

台風並みの暴風となる「春の嵐」「メイストーム」 気象情報や警報・注意報に注意して安全対策を:政府広報オンライン 台風並みの暴風となる「春の嵐」「メイストーム」 気象情報や警報・注意報に注意して安全対策を:政府広報オンライン

「防災」に関連する商品 by BECOME