• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

再現度抜群な「カエルの卵風スープ」 京都水族館のカフェで6/1から期間限定



http://www.kyoto-aquarium.com/news/2013/05/130515-1.html#p01

同展では、京都の棚田や小川を再現した「京の里山ゾーン」の田んぼで、さまざまなカエルを展示します。京都の田んぼに生息しているニホンアマガエルやツチガエルのほか、珍しい模様や特徴を持つキオビヤドクガエル、ベルツノガエルなど、世界のカエルも見られます。

はてなブックマークで注目を集めているのは、展示期間中に館内の山紫水明カフェで販売される「カエルの卵風スープ」です。赤の「ミネストローネスープ」、黄色の「パンプキンスープ」、緑の「そら豆のスープ」の3種類で、いずれもカエルの色をイメージしています。カエルの卵に見立てたバジルの種が入っており、プチプチの食感が楽しめるとのことです。

バジルの種をスプーンですくったメニューの写真は、衝撃的な見た目。説明には「見た目はちょっとグロテスクですが、バジルのアクセントがきいたスープは絶品です」と記されています。

この再現度である

カフェでは他にも、カエルの形をした「すいぞくパン」を販売。抹茶風味の生地で、中にはあずきが入っています。ミュージアムショップでは、色とりどりのカエルグッズを展開します。

文: あおきめぐみ

関連エントリー