• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

「サラベス」国内2号店、東京・代官山に10/4オープン アルコールに合うメニューも



http://www.sarabethsrestaurants.jp/news/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%99%E3%82%B9%E5%9B%BD%E5%86%852%E5%8F%B7%E5%BA%97%E3%80%8C%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%99%E3%82%B9%E4%BB%A3%E5%AE%98%E5%B1%B1%E5%BA%97%E3%80%8D2013%E5%B9%B410%E6%9C%884%E6%97%A5/
“NYの朝食の女王”、 待望の国内2号店「Sarabeth’s(サラベス)」代官山店 2013年10月4日(金) オープン|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

代官山店は、東急東横線の代官山駅に面した「T-SITE Station」2階にオープンします。席数は53席、営業時間は午前9時~午後10時です。終日楽しめる朝食メニューには、新宿店でもおなじみのフレンチトーストやパンケーキ、エッグベネディクトなどを用意。午後5時からのディナータイムでは、アペタイザーのほか、ハンバーガーやオープンサンドなどをサラベス風にアレンジして提供するとしています。

店舗の内装は、ニューヨークらしさを出した空間にするとのこと。席はカウンター、テーブル、ソファーの3パターンが用意されます。フルーツスプレッドやスコーン、マフィン、クッキーなどの各種ベーカリーは終日販売。マグカップなどのオリジナルグッズも購入できます。

サラベスは2012年11月に日本へ初上陸し、東京・新宿に国内1号店をオープンしました。その味わいから、アメリカの雑誌『New York Magazine』では“ニューヨークの朝食の女王”と評されたそうです。

文: あおきめぐみ

関連エントリー