• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

オリコンが2013年の「年間本ランキング」を発表 BOOK総合1位は村上春樹さん新作



2013年 年間本ランキング『ドラマ&アニメの大ヒットからつながるムーブメント』 | ORICON STYLE

「年間本ランキング」では、総合ランキングを「BOOK」「コミック」「文庫」の3つのジャンルで発表しています。ジャンル別ランキングは、「料理・グルメ」「ゲーム攻略本」などに分けられています。

BOOK総合ランキングでは、『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』が、2位の『医者に殺されない47の心得』と約14万部の差をつけて1位に輝きました。3位には、2012年に2位を獲得した『聞く力』がランクインしました。

文庫の総合ランキングでは、映画化された百田尚樹さんの『永遠の0』が1位でした。2位と3位には池井戸潤さんの半沢直樹シリーズから、『オレたちバブル入行組』『オレたち花のバブル組』がランクイン。4位以降も、『真夏の方程式』『プラチナデータ』『陽だまりの彼女』など、映像化された作品が上位に入っています。

コミックの総合ランキングは、2012年に続き『ONE PIECE』が上位を独占。5位~15位には、テレビアニメ化された諫山創さんの『進撃の巨人』シリーズ全巻がランクインしています。

ジャンル別ランキングを見てみると、「料理・グルメ」では山本ゆりさんの『syunkonカフェごはん』シリーズが1位~3位を独占。「ゲーム攻略本」では、ニンテンドー3DS専用ソフト「とびだせ どうぶつの森」関連の本が上位を占めるなどの結果になっています。

文: 青山祐太郎

関連エントリー