• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

「とても強く、楽しく、かわいらしい父でした」 佐久間正英さん死去、Twitterで息子が明かす



Masahide Sakuma (@masahidesakuma) | Twitter
TwitLonger — When you talk too much for Twitter

佐久間さん(@masahidesakuma)は2013年4月にスキルス胃がんと診断され、闘病生活を送っていました。病状については、自身のブログで同年8月に公表。以来、医師から「手の施し様はあまりない」と告げられてからの心境や症状、リハビリ生活などをつづっていました。最後の更新は同年10月27日で、タイトルは「in between last days」。やりたいこと、やり残したことが山積みになってしまうとの胸中を語りながらも、文末は「それでも人生ってまだまだ楽しく面白い」と、前向きな言葉で締めくくられていました。
Masahide Sakuma

息子の佐久間音哉さんによると、佐久間さんは1月15日夜に容態が急変し、静かに息を引き取ったとのことです。音哉さんは「父のことを愛してくださった全ての皆様に、本人に代わり心より感謝いたします。ありがとうございました」と述べています。

はてなブックマークのコメント欄には「何も言葉にできません。ただただ悲しい」「この方のドラムがすごく好きだった。闘病してたのは知ってたので心構えはできていたけど、やっぱり寂しい」「たくさんの音楽をありがとうございました」といった声が集まっています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー