読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

世界流しそうめん協会が監修した“究極”のそうめんつゆ発売 京都老舗のだしとしょうゆを使用



流しそうめんを世界に発信する|世界流しそうめん協会

同協会が考案した「KIWAMI」は、京都の老舗・うね乃のだしと、澤井醤油本店のしょうゆを使った無添加のそうめんつゆです。そうめんをよりおいしく食べられる最高の味わいを求め、だしとしょうゆの配合バランスを何パターンもテイスティングした末に完成したとのこと。商品ページでは「通も唸る究極の逸品」と紹介されています。

だしを担当したうね乃は、1903年(明治36年)に創業。昔ながらの製法を守り、昆布やかつおなど素材の鮮度にもこだわって丁寧に作り上げています。KIWAMIのだしは、かつお節と利尻産昆布を主に使用。隠し味には、大分産のしいたけを取り入れています。しょうゆは、1879年(明治12年)に創業した澤井醤油本店が担当。口伝によって受け継がれた技と味を大切に守っているだけでなく、釜や木の桶などの道具も昔ながらのものを使っているそうです。「KIWAMI」で使うしょうゆも、無添加で優しい味わいに仕上げたとしています。

取り扱いは、通販サイト「KIWAMI百貨店」です。
http://shop.kyukyoku.org/item/mentsuyu.html

京都府綴喜郡を本拠地とする世界流しそうめん協会は、流しそうめんを身近に感じてもらうことを目的に設立されました。普段は流しそうめんイベントの企画・運営、流しそうめんセットの製造・販売などを手掛けています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー