• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

日本人は傘の所持数が世界1位、人気色は紺と青 ウェザーニューズが「世界の傘事情調査」発表



Global Umbrellla Survey(スマートフォン向けページ)
日本は年間降水日数世界ランク13位でも、傘の所持数世界1位 – Weathernews Inc.

「世界の傘事情調査」は、6月15日~6月18日にスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」と「Sunnycomb」内のユーザーを対象に実施し、計38,603人の回答が集まりました。

傘の所持数の平均は、世界35ヶ国で2.4本。日本の平均は3.3本で1位でした。一方、日本の年間降水日数は100日程度で35ヶ国中13位です。ウェザーニューズは、日本の傘の所持数が多いのは、湿度が高く一度雨にぬれると乾きにくい気候、江戸時代から庶民の間で雨傘が普及した文化的背景などが影響している可能性があると分析しています。

また、世界でもっとも人気の傘の色は、紺・青色系で34パーセント。次いで人気なのは黒で33パーセントでした。透明なビニール傘の使用率は、日本が1位でした。

 

ウェザーニューズはほかにも、傘を差し始める雨の強さ、よく使う傘の種類、傘1本当たりの購入費用などの調査結果をまとめ、公表しています。

文: タニグチナオミ

関連エントリー