• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

アフィリエイトだけでストーリーを再現する“アフィリエイト文学”の新作は「浦島太郎」



アフィリエイト広告だけで『浦島太郎』を書いてみた - ラーメンとアイコン
文字を使わずアフィリエイトだけで「桃太郎」を書いたブログに絶賛 「おそろしい才能」 - はてなニュース
前回の「桃太郎」と同じように、森博嗣さんの小説「ムカシ×ムカシ」とRADWIMPSのアルバム「アルトコロニーの定理」、五味太郎さんの絵本「いました」が始まり文句として使われています。主人公である浦島太郎が「ビーチ・ボーイ」になっていたり、いじめられていた亀を助けるシーンがバイオレンスだったり、竜宮城でもらった玉手箱には「竜宮城からの贈り物 3種セット」と名付けられたドレッシングが入っていたり、オリジナルのストーリーとは異なっています。

はてなブックマークのコメント欄には「『アルトコロニーの定理』が無かったらこの企画は一体どうなっていたのだろう」「『広告は一切ありません!』を売りにしているところが多い時代に『広告しかありません!』を売りにした逆転の発想が美しい」「けっこうバイオレンス」などの感想が集まっています。

名作小説をアフィリエイト広告で台無しにしてみた(走れメロス篇) - ラーメンとアイコン
作者のうじさん(@ujjjj)は他に、小説の内容とアフィリエイトを組み合わせた「走れメロス」のストーリーも公開しています。次回作は一体何のストーリーになるのでしょうか?

アルトコロニーの定理

アルトコロニーの定理

文: 文月聡

関連エントリー