• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

アマゾン「Kindle」で本の骨格が分かる「X-Ray」日本語対応



Amazon.co.jp、新機能「X-Ray」を日本語Kindle書籍で提供開始|アマゾンジャパン合同会社のプレスリリース

メニュー画面のX-Rayボタンを押すと、書籍に登場する登場人物や用語の一覧が表示されます。それぞれのキーワードの簡単な解説と共に、どのくらい登場したかを一目で確認できます。そのキーワードをタップすると、Wikipediaからの情報が要約されて表示されます。書籍内に画像が含まれている場合、画像のみを表示することも可能。画像をタップするだけで、直接そのページに移動することができます。

対応する書籍はサービス開始当初、英語書籍1万5000冊に加え、『三国志』シリーズや『竜馬がゆく』など、日本語の書籍1,500冊以上を取りそろえます。今後も順次人気作品を中心に、対応作品を拡大していくそう。既に購入済みの書籍も、X-Rayに対応すると自動的にアップデートされ、利用できるようになります。

X-Ray機能を使えるのは、日本で発売しているすべてのKindle電子書籍リーダーとFireタブレットシリーズのほか、iOSおよびAndroid端末向けの最新版Kindleアプリです。画像機能のみ、2013年以降発売のKindle電子書籍リーダーとFireタブレットシリーズ、Android端末向けの最新版Kindleアプリに対応します。

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

Kindle Voyage Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー

文: 文月聡

関連エントリー