読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

100円ショップで見つけた2015年の手帳 モレスキン風、文庫本タイプも


■ 仕事とプライベートを分けて書ける

1つの手帳に仕事のこともプライベートのことも書き込みたい場合は、セリアで購入したこちらの手帳がおすすめ。マンスリーページの日付欄が4行に分かれているタイプなので、目的を整理して書き込めます。例えばブルーの欄を仕事用、ピンクの欄をプライベート用というように分けられます。

もらったものや贈ったものを記録できる「おつきあいの記録」ページもあり、お返し忘れなどのうっかりがなくなるかもしれません。

■ モレスキンのような手帳

ダイソーで販売されているモレスキンのような手帳は、ちまたでは“ダイスキン”と呼ばれているそう。レザー風の表紙は高級感があり、丈夫そうです。中のページもしっかりと製本されています。角が少し丸くなっているのもポイントです。

カレンダーはイヤー、マンスリー、ウィークリーと3タイプ収録されています。マンスリーには祝日の記載も。メモスペースも豊富で、日記のように使ったり、雑誌の切り抜きを貼ったりと、いろいろな使い方が見つかりそうです。

■ 1冊の本を書くように日々の出来事を書き留める

日々の出来事を書き留められる文庫本のような見た目のフリーノート(B6サイズ)は、セリアで購入。368ページあるので、1日1ページずつ使えます。

絵を描いたり、今日の献立を書いてみたり、チケットの半券を貼り付けて思い出をつづってみたり……。使い道は無限大です。

■ 年間カレンダー、イヤープラン、マンスリーも入ったマルチタイプ

セリアで見つけたこちらの手帳には、予定が立てやすいさまざまなカレンダーが収録されています。見開きでチェックできる年間カレンダーは、2015年だけでなく2016年も掲載。イヤープランも見開きになっているので、長期の予定が立てやすそうです。

マンスリーページには、祝日や六曜、母の日やバレンタインデーといったイベントも記されています。メモ帳にできそうなノートがセットになっているのもうれしいポイントです。

ピンときた手帳は見つかりましたか? 自分好みにカスタマイズして、使いやすさを探ってみるのもいいですね。

文: あおきめぐみ

関連エントリー