• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

無数の花で空間を埋め尽くす“浮遊する庭園”チームラボが公開 日本科学未来館で5/10まで



チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地

Floating Flower Garden; Flowers and I are of the same root, the Garden and I are one | teamLab / チームラボ

2014年11月にスタートした同展は、チームラボがこれまで発表してきたデジタルアートと、子供向けのアート作品「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」を一度に体験できる展示です。当初は3月1日までの会期でしたが、好評なことから5月10日(日)まで延長。3月8日の時点で、来場者は25万人に達しました。

3月7日から5月10日までは後期として展開。新作「Floating Flower Garden – 花と我と同根、庭と我と一体と」は、前期に展示していた「世界はこんなにもやさしく、うつくしい」と入れ替わる形で公開されています。鑑賞者の前に広がるのは、浮遊する無数の“生きた花々”。2,300本以上の花々は空間に浮遊しながら咲きわたっており、日々成長しているそうです。

空間は花に埋め尽くされているものの、鑑賞者の周辺には常に半球状の空間が現れ続けるため、自由に動き回ることが可能。複数の鑑賞者が互いに近付くと半球状の空間はつながり、1つの空間になります。

Floating Flower Garden – 花と我と同根、庭と我と一体と βVer. - YouTube

開館時間は午前10時~午後5時。会期中の土日祝日は午後7時までです。休館日は毎週火曜日ですが、3月31日(火)、4月28日(火)、5月5日(火・祝)は開館します。入場料は大人が1,800円、小学生から18歳までが1,200円(土曜は1,100円)、3歳から小学生未満までが900円。4月17日(金)と4月18日(土)の科学技術週間と、5月5日(火・祝)のこどもの日は、通常と入場料が異なる区分があります。

『チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地』(日本科学未来館)、5月10日(日)まで会期延長決定。新作「Floating Flower Garden – 花と我と同根、庭と我と一体」を発表 | チームラボ / teamLab

文: あおきめぐみ

関連エントリー