読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

仕事中のひとりごとが多い人 -【はてなの風景79】



仕事中のひとりごとが多い人

はてな匿名ダイアリーから、同僚の仕事中の独り言をなんとかして欲しい、という訴えです。「聞かされる側のこっちはかなりうるさいんだけど!」と怒っています。この記事では職種は明かされていませんが、「独り言の多い職種」としてネット上でしばしば取り上げられるのが、プログラマーです。小説「数学ガール」で知られる技術ライターの結城浩さんのサイトに、こんな文章がありました。

プログラマの独り言

「コンピュータに向かってぶつぶつ言うのは私だけだろうかとふとまわりを見回すと…そういう人は結構いるみたいである。プログラマに限らない。1-2-3をいじりながら 『なんでぇ?』と首をかしげたり、 ワープロで罫線をひきながら、 『そっちじゃないっ!』 と叫んだりする人は少なくない。なんとなくほっとした」と綴っています。結城さんは、実際プログラマーとコンピューターは対話しているかもしれない、と考察した上で、独り言を「自分の考えている道筋を言葉にして思考を整理しているのではないだろうか」と推察しています。

最初に紹介したはてな匿名ダイアリーの記事に対する、はてなブックマークのコメント欄でも、プログラマーからの反応が見つかりました。次のようなコメントでした。


「『OKそのままだ、よーしいい子だ』『ビンゴ!』とか言いながらプログラム書いてる」

「うちの職場にも『なんだと~!?』と椅子から立ち上がって『あ~そういうこと?そういうこと?』と言いながら着席する人がいます。愛され系です」

「しっかり声を出して指差し確認しろって安全ポスターにも書いてある」

「擁護が多くて驚いた。目の前の席で一日中喋ってんだぞ?あれほど不快なものはないよ。何度注意してもやめないから諦めた。ありゃ病気だよ」

「知らず知らず苦痛な想像をしたり苦痛なことを思い出したりして、それを振り払うために無関係なひとりごとを言うことが多いメンヘラでごめんなさい」

「プ、プログラマの独り言は大目に見てやってください。思考の整理とか、やんわりとした相談とか、そんな感じのものが込められてます。……たぶん」

「ひとりごとについては謝るけどさぁ、マウスを三三七拍子で机に打ち付ける癖のあるお前は許せねぇよ!!!」

「いつも迷惑かけてごめんなさい」


とのことでした。


Title Photo by Ian Lamont

文: 新野漸

関連エントリー