読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝島社の北欧雑貨ブランド「kippis」、ジェイアール京都伊勢丹に期間限定ショップをオープン 6/8から

京都 暮らし ヘッドライン



kippis(キッピス)公式サイト

婦人各階イベント情報 | ジェイアール京都伊勢丹 | 店舗情報

kippisは、2015年10月にライセンス事業をスタートした宝島社のオリジナルブランドです。北欧のデザイナーによる温かみのあるテキスタイルデザインを生かし、メーカーと提携して服飾雑貨やキッチン用品などさまざまなグッズを販売してきました。

6月8日からオープンする期間限定ショップは、同日からジェイアール京都伊勢丹全館で実施される北欧フェア「北欧から学ぶ夏の暮らし」に合わせたもの。kippisが百貨店とコラボして体験型イベントを実施するのは今回が初めてです。ランチバッグや保冷バッグ、トレーといった既存の商品はもちろん、同店限定のコラボ商品として、「親子Tシャツ」と「有田焼の豆皿」を販売します。

「親子Tシャツ」レディース/メンズ:各3,980円・キッズ:2,680円(すべて税別)

「有田焼の豆皿」1,480円(税別)

期間中はTシャツの購入者を対象に、ブランドの世界観を楽しめるというワークショップも開催。kippisオリジナルのテキスタイルを使って、カラフルなてるてる坊主作りを体験できます。

会場は5階の特設会場。営業時間は午前10時~午後8時で、6月中は月曜日と火曜日のみ午後7時30分に閉店します。

文: 皆月なつみ

関連エントリー