読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェリシモ「500色の色えんぴつ」に“東京生まれ”の新シリーズ 持ちやすい太めの四角形フォルム


f:id:hatenanews:20170217144740j:plain


FELISSIMO 500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS|フェリシモ

「フェリシモ 500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」は、1992年に初版を発売した人気シリーズの第4作。製造工程のすべてを日本国内で行っており、芯は日本唯一ともいわれる山梨県甲府市の色芯工場で生産しています。木製ボディーは東京で製造。町工場や職人たちの知恵と技術を結集し、これまでのシリーズ作にはない太四角のフォルムを実現しました。マット塗装につやを抑えたシルバーのロゴや色名の刻印が、上質な見た目を引き立てています。

f:id:hatenanews:20170217144815j:plain

f:id:hatenanews:20170217144826j:plain

f:id:hatenanews:20170217144853j:plain

500本それぞれには「創造性を刺激」するユニークな色名が用意されました。赤色だけでも「New Bike(まっさらな自転車)」「Heavenly Hibiscus(天国のハイビスカス)」「Passion Dance(情熱のダンス)」といった象徴的な名前がそろい、想像力をかき立てます。1回につき届けられるのは、1つのテーマにもとづいた20色。テーマは全25種類です。メタリックカラーばかり集めた「Starlight」、夜をイメージしたダークな「Midnight」、蛍光色を含む鮮やかな「Party」といったように、それぞれのテーマにも名前が付けられています。

f:id:hatenanews:20170217144841j:plain

全25回の届け順は「フェリシモにおまかせください」とのこと。どのような順番で500色の色鉛筆が完成していくかも含めて楽しめそうです。セットには、色鉛筆を収納できる半透明のペンケース、それぞれの色名に対する解釈などを記載した情報カード、描き味を試せるペーパークラフトも同梱されます。

世界で100,000セット50,000,000本を販売した、『500色の色えんぴつ』に新シリーズ「フェリシモ 500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS」が新登場! ウェブ予約販売を開始 | フェリシモ企業情報

フェリシモ 500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS|フェリシモ


文:あおきめぐみ

関連エントリー