• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

はてなブックマークタグ紀行 第5回「見出しの魔力」


f:id:hatenanews:20170215102446p:plain


タグ「見出しの魔力」を検索 - はてなブックマーク

記事の内容をシンプルに、かつ分かりやすく説明する“看板”のような役割を持つ見出し。読者の目に入りやすいだけに、付けられた見出しによって記事へのリンクをクリックするかしないかが分かれるといっても過言ではありません。タグ「見出しの魔力」は、さまざまな見出しが付けられている記事の中でも、特に「思わずクリックしたくなる」ページに付けられている様子。早速見てみましょう。

時事ドットコム:みんな、解党へ(期限切れページ)

「みんな、解党へ」。シンプルです。ここでいう「みんな」とは、2009年に立ち上げられた政党「みんなの党」のこと。こちらの記事は、みんなの党が2014年をもって解党することを取り上げたものです。党名をたった2文字削っただけで印象が少し変わって見えます。思わずクリックしてしまいました。記事は期限切れで見られなくなっているので、詳細については同様のことを伝えている以下の記事を参考にしてみてください。

みんな、解党決定 結党から5年で幕 :日本経済新聞

続いては、沖縄に関するこちらの記事。

奥武島でスク水揚げ 「ウミンチュへのボーナス」 | 沖縄タイムス+プラス(期限切れページ)

「スク水揚げ」。一体何が起こっているのか気になって、クリックせざるを得ませんでした。このニュースは「スク水」を揚げている様子を取り上げているのではなく、沖縄の海で捕れる魚の一種「スク(アイゴの稚魚)」の水揚げが始まったことを知らせたもの。記事を読むとなるほど、と納得しますが、スクという魚を知らないとドキッとしてしまう見出しです。上記のページは期限切れで削除されているので、内容は以下の新ページでご確認ください。

奥武島でスク水揚げ 「ウミンチュへのボーナス」 | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

実は夏になると、はてなブックマークではスクの水揚げを取り上げた記事が毎年のように話題になります。「夏の風物詩」というタグが一緒に付けられているように、はてなブックマークの中では夏を知らせる記事の1つなのかもしれません。沖縄タイムスのサイトでは「スク水揚げ」というトピックまであり、スクの水揚げの“見出しの歩み”を見ることができます。2017年の水揚げはどんな見出しになるのでしょうか。

スク水揚げの記事一覧 | 沖縄タイムス+プラス

続いて、こちらの記事を見てみましょう。

錦織「急にマッチポイントがきたので」 2戦連続4時間超死闘制した― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

「急にマッチポイントがきたので」。このフレーズを見て、少し懐かしさを感じた人もいるのではないでしょうか。かつてネット上で流行したサッカー選手の言葉を彷彿(ほうふつ)させる一文です。

最後はこちらの記事を紹介します。

トルコ、独自URLのttt検討 wwwやめて管理強化:朝日新聞デジタル(期限切れページ)

「wwwやめて」という、一見すると打ち間違いかと思うようなフレーズが見出しになっています。こちらは、トルコがURLの一般的なサブドメイン「www」を独自の「ttt」に変更することを検討しているというニュースでした。「www」が「笑い」を意味するネットスラングとして浸透しているからこその“魔力”を感じます。こちらも記事の期限が切れて表示されなくなっているので、詳細については以下の記事をどうぞ。

「Webマーケティング研究会」サイト閉鎖のお知らせ


見出しの奥深さを感じました。近いものだと「タイトルで吹いた」というタグもおすすめなので、あわせてご覧ください。「はてなブックマークタグ紀行」次回もお楽しみに。


文:あおきめぐみ

関連エントリー