• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

ほぼ日15周年で“働くこと”を考える 「はたらきたい展。」東京・パルコミュージアムで6/6から



はたらきたい展、開催! - ほぼ日刊イトイ新聞
はたらきたい展。 | PARCO MUSEUM | パルコアート.com

「はたらきたい展。」は、6月6日で15周年を迎える「ほぼ日刊イトイ新聞」と、同サイト主宰の糸井重里さんが“働くこと”を考える企画展です。

「糸井重里と『ほぼ日刊イトイ新聞』の15年。」では、同サイトの歩みを全長16mの壁に展示。「はたらく人の『顔・手・道具』の写真展。」では、東北の漁師やスポーツインストラクター、新入社員など10人の「顔・手・道具」を写真で紹介します。みうらじゅんさんが「ゼロから1を生み出す仕事」を語る特設シアターや、“好きなことばを好きなだけ持ち帰れる”おみやげコーナーなども設置されます。会期中、糸井さんが登壇するトークイベントが2回開催されます。

開場時間は午前10時~午後9時で、入場は閉場30分前まで。初日と最終日は午後6時に閉場します。入場料は一般500円、学生400円、小学生以下は無料です。

文: タニグチナオミ

関連エントリー