• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

よなよなエールのビアレストラン、赤坂見附に10/17誕生 「ニッポンのビールをヤバくする」



よなよなビアワークス
ニッポンのビールをヤバくする。 よなよな BEER KITCHEN 10/17、OPEN(PDF)

よなよな BEER KITCHENでは、ヤッホーブルーイングが製造・販売する「よなよなエール」「インドの青鬼」「東京ブラック」「水曜日のネコ」「ハレの日仙人」などのクラフトビールを10種類以上楽しめます。同店でしか味わえない限定クラフトビールも、季節ごとに用意します。席数は約120席。想定客単価は、ランチ1,200円、ディナー3,200円です。

フードは、生ビールとの相性と「国産であること」にこだわったメニューを提供します。看板料理の「ローストチキン」には、肉厚で弾力のある福島産の伊達鶏が使われます。店内のインテリアデザインでは「ジャパンオリジナル」を表現。エントランスの先には大きな特注窯のあるオープンキッチンを、店内中央にはビアタップが象徴的なカウンターを設置する予定です。

よなよな BEER KITCHENは、ヤッホーブルーイングと、飲食店経営会社のワンダーテーブル、商業施設をプロデュースするカゲンの3社がコラボレートしたビアレストランです。ビールが好きな人だけでなく、今までビアレストランに興味のなかった“ライトユーザー”にとっても満足度の高い飲食店を目指すとしています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー