• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

マリーもルイ14世もデュマも愛した“スイーツ” 『お菓子でたどるフランス史』岩波書店が発売



岩波ジュニア新書 - 岩波書店

『お菓子でたどるフランス史』は、フランスの文化を象徴し、外交も左右する重要なアイテムであったフランス菓子に注目した書籍です。目次は以下の通りです。

  • 序章 お菓子とフランスの深い関係
  • 第1章 キリスト教信仰と中世の素朴なお菓子
  • 第2章 略取の名手フランス
  • 第3章 絶対王政の華麗なるデザート
  • 第4章 革命が生んだ綺羅(きら)星(ぼし)のごとき菓子職人
  • 第5章 ブルジョワの快楽
  • 第6章 フランスの現代とお菓子
  • あとがき フランス史年表

作中には、砂糖漬けや焼き菓子、チョコレート、ウェディングケーキ、ブランマンジェなどさまざまな菓子が登場します。

著書の池上俊一さんは中世ヨーロッパ史の専門家。姉妹書には『パスタでたどるイタリア史』があります。

お菓子でたどるフランス史 (岩波ジュニア新書)

お菓子でたどるフランス史 (岩波ジュニア新書)

パスタでたどるイタリア史 (岩波ジュニア新書)

パスタでたどるイタリア史 (岩波ジュニア新書)

文: タニグチナオミ

関連エントリー