• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

Twitterで注目の「現代家紋」に“化学バージョン”登場 フラーレン、ナスフラスコがモチーフに



化学家紋 : 有機化学美術館・分館
見たことあるあのマークを家紋に 「#現代家紋」 - Togetterまとめ

現代家紋は「#現代家紋」のハッシュタグ付きでTwitterに投稿され、斬新なアイデアや、それぞれの家紋に添えられたユニークな名称などが話題を呼びました。これらをまとめたTogetterでは、SDカードを4つ組み合わせた「糸輪に四つSD」、Windowsのマークをあしらった「丸に窓菱(まどびし)」などが紹介されています。

化学家紋は、これらの現代家紋から影響を受けた、化学を専門分野とするライター・佐藤健太郎さんが考案しました。自身のブログ「有機化学美術館・分館」で、円の中に球状の分子・フラーレンを描いた「丸にフラーレン」や、ナスフラスコを2つ並べた「丸に並びナスフラ」、有機化合物のポルフィリンをモチーフにした「隅切り角にポルフィリン」などを紹介しています。

中には、既存の家紋を組み合わせた「ホル紋」も。佐藤さんは「実在する家紋をそれらしく並べると、何やら生理作用のありそうな形に」と説明しています。加えて「研究している分子をモチーフにして、家紋ならぬラボ紋なんてものをデザインしてみるのも、なかなか乙ではないかと思います」とも提案していました。

はてなブックマークのコメント欄には「"ホル紋"で笑ってしまった。くそう」「ナスフラからホル紋の流れ最高」「『丸にフラーレン』の響きが何か好き」などの感想が集まっています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー