• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

普段の「ちらし寿司」にひと工夫 テーブルが華やかになる洋風アレンジ&盛り付け方


■ 基本のちらし寿司

ちらし寿司のレシピ/作り方:白ごはん.com
まずは一般的なちらし寿司の作り方を見ておきましょう。上記のエントリーでは、ちらし寿司の味付けのベースとして重要な具材に、シイタケとかんぴょうの煮物を挙げています。2種類を一緒に炊き上げた後、フードプロセッサーで細かくして寿司飯に混ぜ込みましょう。ポイントは、フードプロセッサーで細かくした後にキッチンペーパーでしっかり汁気を吸い取ることと、寿司飯に対する煮物の割合を1割~2割にすることだそうです。

寿司飯、きざみ海苔、錦糸卵、具材の順番に盛り付けましょう。

■ パーティーにもぴったり! おしゃれなアレンジ

<甘酢の代わりにワインビネガーで味付け!ミモザサラダ風>

ミモザサラダ風ちらし寿司 | お酒にピッタリ!おすすめレシピ | サッポロビール
甘酢ではなくワインビネガーで味付けをしたミモザサラダ風のアレンジでは、菜の花のほろ苦さが、こんがり焼いたベーコンとよく合うそうです。下準備として、菜の花は1cmずつカットし、ベーコンとタマネギはみじん切り、プチトマトは縦4等分にしておきましょう。フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱したら、つぶしたニンニクと共にベーコンを炒めます。ベーコンがカリッとしてきたら、菜の花を加えて炒め合わせましょう。

菜の花がしんなりしてきたら、塩、こしょう、ワインビネガーを加えてサッと炒め、火を止めます。ご飯とタマネギ、プチトマトを加えて混ぜ合わせ、粗熱が取れたら器に盛り付けましょう。

<いなり寿司風にアレンジ>

ひな祭りはちらし寿司 お寿司の素でカンタン豪華!│くらしプラ酢│ミツカングループ商品・メニューサイト
いなり寿司に気持ちを包む│くらしプラ酢│ミツカングループ商品・メニューサイト
お皿や重箱に盛り付けるのではなく、油揚げを使っていなり寿司のように包む方法も。下準備をした油揚げを袋状に広げたら、中に軽く握った寿司飯を詰めます。むきエビやニンジン、グリーンピースはゆでておきましょう。ニンジンと厚焼き卵は好きな形にくり抜くと見た目が華やかになります。具材が用意できたら、寿司飯の上に盛り付けて完成です。

■ ちらし寿司が“ケーキ”に?

<ひし餅のようなちらし寿司>

ひなまつりずし:メニュー・レシピ|ミツカングループ商品・メニューサイト
ひし形ケーキずし レシピ 講師はほりえ さわこさん|使える料理レシピ集 みんなのきょうの料理 NHKエデュケーショナル
ひし形に整えるちらし寿司では、牛乳パックを好きな高さでカットし、切り口を斜めにしてひし形にした型を使います。まず寿司飯を中に詰めて平らにしたら、でんぶや海苔などを均一に乗せ、さらに寿司飯をかぶせます。その上ににいり卵を敷き、牛乳パックの型をそっと抜きましょう。最後に好みの具材を盛り付けて出来上がりです。

<ティラミスのような箱型も>

ケーキのような押しずし レシピ 講師は藤野 嘉子さん|使える料理レシピ集 みんなのきょうの料理 NHKエデュケーショナル
こちらのレシピでは、牛乳パックの側面を1面だけ切り取り、残った部分を型に利用します。まず牛乳パックの内側にラップを敷き、寿司飯の3分の1の量を底一面に詰めたら、シイタケそぼろをその上に重ねましょう。次に、残りの寿司飯の半分を乗せ、絹さやと焼き海苔をまぶします。全体的に均一に散らしておくと、切ったときの断面がきれいだそうです。残りの寿司飯を乗せたら、錦糸卵をその上に広げ、ラップの端で覆って上から軽く押さえます。その上に約500gの重しを乗せ、約30分寝かせましょう。

型から出したら、ラップをはずして器に盛り付けて完成。バラのように巻いたスモークサーモンを上に乗せると、一気に華やかな見た目になります。

<ドーム型のちらし寿司はボウルに詰めるだけ!>

華やかケーキ寿司|アレンジレシピ|永谷園
ボウルで手軽に作れる丸いドーム型のちらし寿司では、直径15cmのボウルにいり卵、寿司飯3分の1、むきエビ、いり卵、寿司飯3分の1、絹さや、寿司飯3分の1の順に重ね、層を作ります。その後、ラップを乗せて手でぎゅっと押し、お皿の上でボウルをひっくり返しましょう。

最後にでんぶやプチトマトなどを飾り付けて完成です。


Title Photo by maako ikeda

文: あおきめぐみ

関連エントリー