読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

自然と2人の体が密着する「らぶらぶベンチ」 JR四国、“日本一暑い駅”と“秘境駅”に3/6から設置



http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/14-02-28/02.htm

らぶらぶベンチの座面や背もたれは、両端から中央に向かって斜めになっています。このため、2人で離れて座っていても、自然と体がくっ付くという仕組みに。JR四国は「列車で両駅を訪れた際には、2人で『らぶらぶベンチ』に座って、楽しいひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか」と呼び掛けています。

サインボードのイメージ

設置場所は、高知県四万十市の予土線・江川崎駅構内と、徳島県三好市の土讃線・坪尻駅構内。江川崎駅は、2013年に日本一となる最高気温41.0度を観測した四万十市西土佐地区の最寄駅であることから、説明には「2人アツアツにお過ごしください」と記載されています。坪尻駅は全国的にも珍しいスイッチバック方式の駅で、自家用車でたどり着くことができない“秘境駅”としても有名だそう。JR四国は「山深い静かな駅で、2人でゆっくりスイッチバックを眺めてください」とコメントしています。

「らぶらぶベンチ」イメージ(PDF)

文: あおきめぐみ

関連エントリー