• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

赤塚不二夫さんや手塚治虫さんら約50人のマンガ家が描く「仏」 京都の東寺で展示



漫画家による仏の世界展公式ウェブサイト

「漫画家による仏の世界展」は、有名寺院などで著名なマンガ家が描いた「仏」を展示するプロジェクトです。出展する主なマンガ家は以下の通りです。

赤塚不二夫/いがらしゆみこ/池上遼一/石川サブロウ/板橋しゅうほう/植田まさし/ウノ・カマキリ/浦沢直樹/江口寿史/桜多吾作/大石容子/荻野真/一峰大二/香取正樹/木村直巳/クミタ・リュウ/小島功/さいとう・たかを/佐伯かよの/里中満智子/志賀公江/ジョージ秋山/菅ナオコ/ちばてつや/土山しげる/手塚治虫/てふてふ/寺沢武一/中山星香/永野のりこ/西田淑子/西村宗/新田たつお/花村えい子/林家木久扇/バロン吉元/臂美恵/ビッグ錠/藤井龍二/牧美也子/牧野圭一/松本零士/三浦みつる/南久美子/宮島幸次/本宮ひろ志/森田拳次/矢野功/矢野徳/山田ゴロ/山根青鬼/六田登/渡辺みちお ほか(敬称略・五十音順)

第1回の開催地は、マンガの祖といわれている「鳥獣人物戯画」が生まれた京都。東寺内の「食堂(じきどう)」で実施されます。会期は3月20日(木)~4月6日(日)。開催時間は午前9時~午後5時で、閉館30分前まで入場可能です。入場料は大人500円、中学生以下の子ども300円で、会場のほか楽天チケット、チケットぴあ、イープラスで販売されます。

第2回の開催地は、増上寺(東京都港区)です。会期は5月1日(木)~5月13日(火)。第3回以降の実施は、決定次第サイトで発表されます。

文: タニグチナオミ

関連エントリー