• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

北海道・駒場で歴代タイの最高気温37.8度を記録 1日の気温差は30度以上



駒場地域気象観測所(音更町)で北海道の最高気温の 過去最高を観測しました。(PDF)

北海道における6月3日の最高気温は、駒場の37.8度に続き、北見と美幌で37.2度を記録しました。道内の歴代最高気温は、1924年7月に帯広で37.8度、1994年8月に津別で37.7度、1978年8月に滝上で37.7度、1994年8月に網走で37.6度。今回、駒場で観測された最高気温は歴代1位に並ぶ“猛暑”ですが、6月の観測と考えると異常な気温であることが分かります。

駒場地域気象観測所は気温が上昇した理由について、北海道が「日本のはるか東に中心を持つ高気圧」に覆われ、強い日射の影響と、北海道の上空1,500メートル付近に「真夏並みの暖かい空気」が流れ込んできたことが原因だと説明しています。

日本気象協会によると、6月3日の駒場の最低気温は7.4度で、最高気温との差は30度以上に。また、全国の観測地点と比べても、気温が37度台まで上がったのは2014年で初めてだそうです。
【速報】北海道で37度8分 過去最高の暑さ(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp

文: あおきめぐみ

関連エントリー