• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

投函されなかった川端康成の“恋文”を全文収録 『文藝春秋』8月号で



文藝春秋2014年8月号 | バックナンバー - 文藝春秋WEB

8月号の特集「川端康成『投函されなかった恋文』――『伊豆の踊子』の原点の女性がいた」では、康成が初恋の女性・伊藤初代に宛てた未投函の手紙を、実物の写真付きで全文収録しています。手紙を書いた当時、康成は22歳の大学生で、初代は15歳だったそう。手紙には、康成の若者らしい感情にあふれた文章がつづられているとのことです。

さらに記事では、康成から初代への手紙に加え、同じく発見された初代から康成への手紙10通を引用し、康成が手紙を出さなかった理由や、将来の約束まで交わしていた2人の恋の行方などにも迫ります。

同誌は紙雑誌版だけでなく、電子雑誌版も用意されています。価格は紙雑誌版が880円(税込)、電子雑誌版が1,000円(税込)です。
歴史的発見「川端康成の投函されなかったラブレター」『文藝春秋』8月号で全文公開! 電子雑誌版も同時発売|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】

文藝春秋 2014年 08月号 [雑誌]

文藝春秋 2014年 08月号 [雑誌]

[asin:B00LM4H0AG:detail]
文: あおきめぐみ

関連エントリー