• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

強い雨の予測をパソコンやスマホで確認できる気象庁のWebサービス 5分間隔で30分先まで



気象庁 | 高解像度降水ナウキャスト

高解像度降水ナウキャストでは、従来の降水ナウキャストで1km四方までしか表示されなかった降水域の分布を、より細かく確認できます。パソコンだけでなくスマートフォンにも対応しているので、外出先での確認にも便利です。表示したい範囲をあらかじめ登録しておくと、次回の利用時からその領域が表示されます。

現在の強い降水域は暗い黄色の枠線で、30分後までに強い降水域になると予測される地域は、明るい黄色の枠線で囲まれています。現在地が明るい黄色の枠線で囲まれている場合は、強い雨域が迫っているため、急な雨への注意が必要です。さらに、近付いている雨域に赤い枠線が重なって表示されている場合は、強い雨とともに雷や竜巻などの危険があります。現在地の近くで赤い枠線の表示を見かけたら、安全な場所へ避難しましょう。

降水域を広い範囲で見たい場合は、地図の右端や最下部、右下部分にカーソルを合わせてドラッグすると幅広く見渡せます。

文: あおきめぐみ

関連エントリー