• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

並んでも食べに行きたい「フライドポテト」専門店 こだわりのディップソースも


■ Robson Fries(ロブソンフライズ)

ロブソンフライズ Robson Fries
東京・下北沢で展開する「ロブソンフライズ」では、注文を受けてからポテトを揚げます。米ぬかから採れるこめ油を使って二度揚げし、太めなのに“サックサク”の食感を楽しめるそうです。看板メニューは、カナダ発祥のフライドポテト料理「プーティン」。揚げたての上から、チーズとグレイビーソースをかけてフォークで食べるのがカナダ流だそうです。ローストビーフやソーセージ、ミートボールをそれぞれ乗せたアレンジメニューも用意されています。

ロブソンフライズ Robson Fries

■ AND THE FRIET(アンド・ザ・フリット)

AND THE FRIET(アンド ザ フリット)| フレンチフライ専門店
東京・広尾の「アンド・ザ・フリット」は、本場・ベルギーの味わいを楽しめるというフレンチフライ専門店。季節ごとに厳選された6種類のじゃがいもから、好きな品種を選べます。カット方法も、サクッとした軽い食感の「ストレートカット」から、じゃがいも本来の味わいを堪能できるという皮付きの「ウェッジカット」まで、6種類を用意。ディップソースは自家製マヨネーズやケチャップなど、月替わりで全10種類を展開します。9月限定のディップソースは、さっぱりした酸味と香りが特徴の「スパイシーヴィネガー(チミチュリ)」です。

広尾 | AND THE FRIET(アンド・ザ・フリット)| フレンチフライ専門店

■ 100%DANSHAKU

http://100-danshaku.com/
東京都港区にある「100%DANSHAKU」は、北海道ニセコ産のじゃがいもだけを使用し、シンプルな味にこだわったという専門店です。看板メニュー「ベルジアンフライ」は、男爵いもに最も適した油で揚げているとのこと。ディップソースは「トマトソース(自家製ケチャップ)」「ハニーマスタード」「ワサビマヨ」など、さまざまな種類から選べます。

100%DANSHAKU

Title Photo by Raymond Bryson

文: あおきめぐみ

関連エントリー