• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

日本のゲームミュージックの進化を探るドキュメンタリー 全6話を9/4から順次公開



Diggin' in the Carts: 予告編・各エピソード概要紹介

ドキュメンタリー映像「DIGGIN' IN THE CARTS(ディギン イン ザ カーツ)」では、「いったい、あの音楽は、誰がどんな風に作ったのか?」 を探るべく、6つのエピソードを通じてゲームミュージックの進化にスポットを当てていきます。中には「テトリス」や「メトロイド」の音楽を手掛けた田中宏和さん、RPG「ファイナルファンタジー」シリーズの音楽を担当してきた植松伸夫さんなど、ゲームミュージック界を代表する作曲家への独占インタビューも収録されています。

Diggin' In The Carts - Series Trailer - Red Bull Music Academy Presents - YouTube

各エピソードの公開日は以下の通りです。

  • 9月4日(木):Episode 1「テレビゲームミュージックの到来」
  • 9月11日(木):Episode 2「次元を越えた8ビットの世界」
  • 9月18日(木):Episode 3「新時代の夜明け」
  • 9月25日(木):Episode 4「クール・キッズ」
  • 10月2日(木):Episode 5「ロールプレイが叶えた夢」
  • 10月9日(木):Episode 6「終わりが告げた始まり」

出演者の一覧には、崎元仁さん、下村陽子さん、山根ミチルさん、小島秀夫さんらの名前も並んでいます。

映像に出演している作曲家へのインタビューは、日本の美しい風景やライフスタイルを感じ取ることができるロケーションで撮影したとのこと。シリーズのディレクターとプロデューサーを担当したニュージーランド出身のTu Neillさんは、日本を撮影拠点に選んだ理由について「日本は本当に美しい国です。この国の豊かで多様なカルチャーのスナップショットを盛り込み、できる限りその美しさを伝えられるようにしました」と述べています。

文: あおきめぐみ

関連エントリー