読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

マンガ家・諸星大二郎が描いた「マッドメン」の原画展 京都国際マンガミュージアムで7/16から



http://www.kyotomm.jp/event/exh/morohoshidaijiro_madmen.php

同展で展示されるのは、諸星さんが「マッドメン」シリーズの舞台となったパプアニューギニアを取材したムック『諸星大二郎 マッドメンの世界』に収録されている新作マンガの原画やカラーイラストをはじめ、旅先で描いたスケッチなど約40点です。

そのほか、写真集『奇界遺産』で世界各地を取材した佐藤さんが、パプアニューギニアの旅に同行して撮影した写真3点も展示。ミュージアムショップでは、関連書籍やTシャツ、手ぬぐいなどのオリジナルグッズも販売されます。

会場は京都国際マンガミュージアム1階のエントランスホールです。ミュージアムへの入場料は、大人が800円で、中高生が300円、小学生が100円です。開催時間は午前10時~午後6時(最終入館は午後5時半)で、同展の会期中に休館日はありません。

同会場では7月14日(火)まで、「萩尾望都 原画展 ~『銀の船と青い海』出版記念~」を開催しています。萩尾望都さんの童話集『銀の船と青い海』に収録されたイラストを中心に、26点の原画を展示。代表作である『トーマの心臓』や『ポーの一族』のオリジナルTシャツも販売されています。

http://www.kyotomm.jp/event/exh/hagio_moto.php

諸星大二郎 マッドメンの世界 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)

諸星大二郎 マッドメンの世界 (文藝別冊/KAWADE夢ムック)

奇界遺産

奇界遺産

文: 文月聡

関連エントリー