読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

こち亀10年ぶりに舞台化、脚本・演出・主演はラサール石井さん オリジナル“イケメン”特殊捜査部隊も登場



舞台版『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(こち亀)

“こち亀”の愛称で親しまれている秋本治さんのマンガ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』が、10年ぶりに舞台化します。主要な出演者の発表にあわせて、それぞれのキャラクタービジュアルも公開。脚本・演出だけでなく主人公・両津勘吉としても舞台に立つラサールさんは、これまで4回にわたって上演されてきた同作の舞台シリーズすべてで両津を演じてきました。5回目の舞台化に際し「初演からご出演頂いていた皆さんは、私含め、年取ったので…(笑)、本公演は私以外一新しよう!ということで、キャストをほぼ総入れ替えしてみました」とコメントしています。

舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

派出所の“美男子担当”中川圭一役を務めるのはモデルのユージさん、“美女担当”秋本・カトリーヌ・麗子役は映画やドラマなどで幅広く活躍するタレントの原 幹恵さん。また両津とコンビを組む舞台オリジナルキャラクター・向島三四郎として、劇団「表現・さわやか」の主宰を務める池田鉄洋さんが出演します。

同じく舞台版オリジナルの“イケメン特殊捜査部隊”「SOT」として、2.5次元舞台などで活躍する青柳塁斗さん、味方良介さん、章平さん、北園 涼さん、福澤 侑さんが登場。1999年の初演から2006年の第4作まで中川圭一を演じてきた俳優の伊藤明賢さんは一転して海パン刑事を演じるなど、驚きの詰まったキャスト陣がそろいました。チケットの一般販売は7月24日(日)午前10時からです。

舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」
舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

『こちら葛飾区亀有公園前派出所』は、両津を中心にさまざまな時事ネタや流行を取り入れつつ展開するギャグマンガ。1976年の連載開始から一度も休載されることなく続き、2016年秋に連載40周年を迎えます。これまでにもテレビアニメや実写ドラマ、実写映画など幅広くメディアミックス化。初の舞台化は1999年で、以降2001年、2003年、2006年に上演されてきました。

連載40周年特別企画 舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」

(c)秋本治・アトリエびーだま/集英社
(c)舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016

<公演概要>
  • 東京公演:AiiA 2.5 Theater Tokyo
    • 9月9日(金)~9月19日(月・祝)全13公演
  • 大阪公演:サンケイホールブリーゼ
    • 9月23日(金)~9月25日(日)全5公演
<キャスト>

両津勘吉:ラサール石井
中川圭一:ユージ
秋本・カトリーヌ・麗子:原 幹恵
向島三四郎:池田鉄洋

麻里愛:小林由佳
大原大次郎:俵木藤汰
海パン刑事:伊藤明賢
ビッグママ:彩輝なお
ピンチ:新良エツ子
パンチ:武者真由
魚屋・神様・他:河本章宏

RYO:青柳塁斗
Wake:味方良介
MAKOTO:章平
HIROSHI:北園 涼
SATOSHI:福澤 侑

婦人警官・他:香月彩里
婦人警官・他:谷 須美子
婦人警官・他:中村景好
奥山老人:坂本あきら
ほか

<スタッフ>

原作:秋本治『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本・演出:ラサール石井
主催:舞台版「こちら葛飾区亀有公園前派出所」製作委員会2016(ネルケプランニング/集英社/ADK)
協力:「週刊少年ジャンプ」編集部/一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会
Twitter:@kochikame_stage

※上記文章内の「葛」は、本来は旧漢字

文: あおきめぐみ

関連エントリー