読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
  • Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

ミュージカル『刀剣乱舞』が挑む現代の“戦い方” トライアル公演を経た本公演、いよいよ開幕



ミュージカル『刀剣乱舞』公式ホームページ

ミュージカル『刀剣乱舞』は、ミュージカル『テニスの王子様』などさまざまな舞台を手掛けるネルケプランニングが制作している作品。DMMゲームズとニトロプラスが共同製作したパソコン・スマートフォン向けゲーム「刀剣乱舞-ONLINE-」を題材に、戦士の姿として顕現した“刀剣男士”と呼ばれる刀剣が織り成す鮮やかな物語を描いています。2015年10月~11月には、本公演に先駆けたトライアル公演を上演。1部は歌や踊りを織り交ぜながら物語が進むミュージカル、2部は刀剣男士がオリジナルの衣装をまとってパフォーマンスを繰り広げるライブといった斬新な2部構成で展開されました。

ミュージカル『刀剣乱舞』

オフィシャル写真(提供:ネルケプランニング)

「刀剣乱舞-ONLINE-」の舞台化プロジェクトは、ミュージカル版とストレートプレイ版を異なる制作会社が上演するという特殊な手法も話題に。ストレートプレイ版は舞台『弱虫ペダル』などを手掛けるマーベラスが担当し、舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺とのタイトルで5月に東京・大阪で上演されました。マンガ・アニメを原作としたいわゆる“2.5次元舞台”を牽引(けんいん)する2社が生み出す刀剣乱舞の新たな世界観。5月20日に千秋楽を迎えたばかりのストレートプレイ版に続く形でスタートするミュージカル『刀剣乱舞』の本公演は、「~阿津賀志山異聞~」とのサブタイトルを携え、新しい楽曲を加えた“完全版”として全40公演、全国3都市を巡ります。

ミュージカル『刀剣乱舞』

ミュージカル『刀剣乱舞』

登場する刀剣男士は、三日月宗近、小狐丸、石切丸、岩融、今剣、加州清光。平安時代の刀工・三条宗近によって打たれた「三条派」と呼ばれる刀が集まっており、ただ1人三条派に属していない加州清光は部隊を取りまとめる隊長に就くものの、自由奔放な刀剣男士たちに翻弄される日々を送ります。

ミュージカル『刀剣乱舞』

ミュージカル『刀剣乱舞』

物語のベースはトライアル公演とほぼ変わらず、源義経と武蔵坊弁慶、そして義経の守り刀であり自害の際にも使われたとされる今剣や、武蔵坊弁慶が使っていたといわれる岩融を中心とした展開に。義経を守りたいという意志を持ちながら、歴史の改変をもくろむ歴史修正主義者と呼ばれる敵と戦う身として、歴史を変えてはならない現実。刀剣男士として元の主と再会することになった今剣は、義経と言葉を交わしていく中で何を知り、何を学ぶことができたのでしょうか。主に残された刀としての“役割”を巡る重厚なストーリーを、ゲームにも使用されているBGMや、同公演オリジナルの華やかな楽曲が彩ります。

ミュージカル『刀剣乱舞』

ミュージカル『刀剣乱舞』

演出は茅野イサムさん、脚本は御笠ノ忠次さんと、共に舞台『東京喰種トーキョーグール』でタッグを組んだ2人がトライアル公演に引き続き参加。茅野さんはゲネプロ前の囲み取材で「本公演をやるに当たって(トライアル公演の内容を)全部解体し、磨き直してきた」と語ります。また「今回、自信を持って良くなったと言えるのは彼らの“戦闘力”。演技やダンス、殺陣、歌、すべてにおいてです」と明かし、トライアル公演を経てレベルアップした内容を約束しました。

ミュージカル『刀剣乱舞』

オフィシャル写真(提供:ネルケプランニング)

製作発表会では「ミュージカル『刀剣乱舞』で僕たちは演劇の可能性に挑戦しようと思っています」「演劇でできるものはとにかく何でもやろう、と。キャストにとっては大変な公演になると思いながら演出をしています」と語っていた茅野さん。今作の囲み取材では「前回までがレベル50くらいだったとしたら、今回は80くらいまで上がっているのではないかと。公演中になんとか“カンスト”してくれたらいいなと思っております」と表現し、公演中も技術を磨いていってほしいとキャストたちを鼓舞します。

三日月宗近役の黒羽麻璃央さんは「今回の顔合わせのときに、茅野さんに『お前らはずっと俺の第1部隊だから』というすごくうれしいお言葉をいただいて。見にきてくださる審神者(さにわ)のみなさんにも同じことを思っていただけたら、刀剣男士として幸せだなと思います」と公演への意気込みを語りました。

ミュージカル『刀剣乱舞』

ミュージカル『刀剣乱舞』

1部は約1時間45分のミュージカル、2部は約40分のライブと、茅野さんの言葉通り「何でもやる」のがこのミュージカル『刀剣乱舞』における見どころの一つ。芝居以外に求められる技術も多く、小狐丸役の北園 涼さんは「トライアル公演では芝居、歌、ダンス、すべてで悔しい思いをしてきました」とこぼします。それを受け、茅野さんは「前回の内容もお客様に喜んでいただけましたが、彼らはもっともっとできるはずだということで、この半年間、稽古が始まるまでに自分たちでレッスンを積んでスキルアップしてきました」と言及。個々が技術を磨き上げ、並々ならぬ熱量を持ってこの本公演に挑んでいることが分かります。

ミュージカル『刀剣乱舞』

ミュージカル『刀剣乱舞』

2部のライブパートで新たに加わったのは「描いていた未来へ」「えおえおあ」「Endless Night」の3曲。新たなライブ構成について、茅野さんは「意外な人が意外な曲を歌うほか、お客様と一緒に楽しめるコーナーもあります。前回も楽しんでいただけましたが、今回はもっと楽しめる」と自信を見せます。なぜライブ?と疑問に思うかもしれませんが、刀剣男士たちにとってこれこそがこの時代の戦い方。戦場がライブ会場に移り変わったとしても、刀剣乱舞の物語はその空間の中でしっかりと生き続いていました。

ミュージカル『刀剣乱舞』

ゲネプロにはニトロプラスをはじめとする関係各社のスタッフも多数出席。ゲネプロとはいえ、関係者も“推し刀”のペンライトを振りながら歓声を送り、ライブを全力で楽しむ。

加州清光役の佐藤流司さんも「(トライアル公演から)半年間でこの時代の戦い方がどれほど成長しているのかというのを、しっかりお見せできればと思います」と、磨き上げたライブパフォーマンスについて言及。既存曲にはアレンジも加わって前回とは違った印象になっているため、トライアル公演に来た人にとっても新鮮に感じられる内容になっているそうです。新曲については「聞いて覚えて一緒に楽しんでいただければ」と呼び掛けました。

ミュージカル『刀剣乱舞』

ミュージカル『刀剣乱舞』

トライアル公演でも披露された太鼓を使った熱い楽曲「漢道」は本公演でも健在。おなじみとなっていたファンによる「弁慶様ー!」というコールは、関係者のみのゲネプロでも飛び交っていた。

ミュージカル『刀剣乱舞』

また囲み取材では、ネルケプランニングの代表取締役・松田誠さんから、ミュージカル『刀剣乱舞』に登場する「刀剣男士 team三条 with加州清光」によるファーストアルバムの発売も発表。デビューシングル「刀剣乱舞」とセカンドシングル「キミの詩」に収録されている録り下ろし音源20曲に加え、トライアル公演で人気を集めた「mistake」やその他3曲を含めた計24曲を2枚組CDで用意します。初回限定盤Aにはミュージカルパートのライブ音源、初回限定盤BにはミュージカルパートのBGMを堪能できるサウンドトラックも付属。収録曲の詳細はサイトに掲載されています。

CD・DVD 記事一覧 | ミュージカル『刀剣乱舞』公式ホームページ

さらに7月16日(土)から7月18日(月・祝)までの3日間に、ファンサイトの有料プレミアム会員だけが参加できる限定ライブを開催。45分のプレミアムライブのほか、刀剣男士による“お見送り”も楽しめます。松田さんによると「ありがたいことになかなかチケットが取れない公演になってしまっているので、なるべく多くの方に彼らを見てもらいたいという思いでこのライブを企画した」とのこと。場所は赤坂ACTシアター(東京都港区)です。

(左から)岩融役:佐伯大地さん、今剣役:大平峻也さん、加州清光役:佐藤流司さん、三日月宗近役:黒羽麻璃央さん、石切丸役:崎山つばささん、小狐丸役:北園 涼さん

トライアル公演を経て、ますます“戦闘力”の高まりを感じるミュージカル『刀剣乱舞』。千秋楽に当たる6月26日(日)夜公演は、日本およびアジア各国の映画館でリアルタイムのライブビューイングを実施します。またDMM.comでは、千秋楽公演のアーカイブ配信が決定。7月14日(木)正午から、HDストリーミング版とHDダウンロード版が販売されます。詳細は特設サイトをどうぞ。

ライブ・ビューイング・ジャパン : ライブ・ビューイング ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~

DMM.com [ミュージカル『刀剣乱舞』特設ページ] 映画ドラマ動画

<1部:セットリスト>

M01:「刀剣乱舞」三日月宗近・小狐丸・石切丸・岩融・今剣・加州清光
M02:「勝利の旗」三日月宗近・小狐丸・石切丸・岩融・今剣・加州清光
M03:「戦うモノの鎮魂歌-レクイエム-」三日月宗近・小狐丸・石切丸・岩融・今剣・加州清光
M04:「きらきら」今剣
M05:「うたかたの子守唄」★小狐丸・石切丸
M06:「名残月」岩融
M07:「返歌 名残月」三日月宗近・岩融
M08:「矛盾という名の蕾」★石切丸・加州清光
M09:「おぼえている」★三日月宗近・小狐丸・石切丸・岩融・今剣・加州清光
M10:「キミの詩」三日月宗近・小狐丸・石切丸・岩融・今剣・加州清光

<2部:セットリスト>

M01:「mistake」三日月宗近・小狐丸・石切丸・岩融・今剣・加州清光
M02:「描いていた未来へ」★三日月宗近・小狐丸・石切丸・岩融・今剣・加州清光
M03:「えおえおあ」★小狐丸・石切丸・岩融・今剣
M04:「Endless Night」★三日月宗近
M05:「解けない魔法」加州清光
M06:「まばたき」「大袈裟」「Love Story」(回替わり楽曲)三日月宗近・小狐丸・石切丸・岩融・今剣・加州清光
M07:「漢道」三日月宗近・小狐丸・石切丸・岩融・今剣・加州清光

※★印は本公演から加わった新曲

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~阿津賀志山異聞~

刀剣乱舞

(C)ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会

<公演概要>
  • 東京公演:AiiA 2.5 Theater Tokyo
    • 5月27日(金)~6月12日(日)
  • 大阪公演:森ノ宮ピロティホール
    • 6月17日(金)~6月19日(日)
  • 京都公演:京都劇場
    • 6月23日(木)~6月26日(日)
<キャスト>

三日月宗近役:黒羽麻璃央
小狐丸役:北園 涼
石切丸役:崎山つばさ
岩融役:佐伯大地
今剣役:大平峻也
加州清光役:佐藤流司

武蔵坊弁慶役:田中しげ美
源 義経役:荒木健太朗
源 頼朝役:奥野正明
藤原泰衡役:加古臨王

市川裕介・伊与田良彦・岩崎大輔・大野涼太・片山浩憲
鹿糠友和・栗原功平・笹原英作・寒川祥吾・鈴木祐大
伊達康浩・那須野智弘・南條良輔・橋渡竜馬・久田悠貴
前堂友昭・村瀬文宣・百瀬 礼・山井克馬

<スタッフ>

原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMMゲームズ/Nitroplus)
演出:茅野イサム
脚本:御笠ノ忠次
振付:本山新之助
主催:ミュージカル『刀剣乱舞』製作委員会(ネルケプランニング/ニトロプラス/DMM.com/ユークリッド・エージェンシー)
Twitter:@musical_touken

文: あおきめぐみ

関連エントリー