• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

文藝春秋が初の電子小説誌『つんどく!』を創刊 第1号特集は「ミステリー」



4月26日 文藝春秋 初の電子小説誌『つんどく!』を創刊!|プレスリリース配信サービス【@Press:アットプレス】
文藝春秋ホームページ

創刊号の1つ目の特集は「ミステリー2013」です。東川篤哉さん、有栖川有栖さん、歌野晶午さんら人気作家による読み切り小説とコミックエッセイを17作掲載します。目次は以下の通りです。

  • 小説
    • マドンナと王子のキューピッド/歌野晶午
    • 魔法使いとすり替えられた写真/東川篤哉
    • 赤影連盟/円居挽
    • 運命のひと/水生大海
    • 赤い博物館/大山誠一郎
    • オーストリア国旗と大水邸餓死事件/青柳碧人
    • 告げ口時計/芦辺拓
    • 雛人形を笑え/有栖川有栖
    • レミングの群れ・ハーシュソサエティ/貫井徳郎
  • コミックエッセイ
    • よちよちミステリー部/久世番子

※敬称略

もう1つの特集として、「新人発掘プロジェクト 第1期全員競作!」も掲載。同社が取り組んでいる、新人発掘プロジェクトから選ばれた7人の作品が誌面を飾ります。

『つんどく!』は、KindleストアやiBookstore、楽天kobo、紀伊國屋書店、BookLive!など主要な電子書店で購入できます。当面は不定期に発行予定。2013年度中にあと1冊、2014年度に4冊の刊行を予定しているとのことです。

『つんどく!』の誌名について同社は「タブレットやスマートフォン、電子書籍端末を指で『つんつん』して読んでください、という含意です」と説明しています。

[asin:B00CAD9F1U:detail]

文: タニグチナオミ

関連エントリー