• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

国立国会図書館、入手困難な資料を全国の図書館にデジタル配信 約131万点を提供



図書館向けデジタル化資料送信サービス(図書館員の方へ)|国立国会図書館―National Diet Library
図書館向けデジタル化資料送信サービスを開始します 131万点の資料が対象、1月 21日開始 (PDF)

2013年1月に施行された「著作権法の一部を改正する法律」により、国立国会図書館が作成したデジタル化資料を、ほかの図書館で利用できるようになりました。これまでは、国立国会図書館の施設(東京本館、関西館、国際子ども図書館)内での利用に限られていました。

対象の図書館は、国立国会図書館に利用申請を行い、承認を受けた館のみ。資料の閲覧と複写が可能な館と、資料の閲覧のみ可能な館があります。参加図書館の一覧は、下記のページでまとめられています。

国立国会図書館デジタルコレクション - 図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館一覧

配信可能な資料は、図書が約50万点、古典籍が約2万点、雑誌が約67万点、博士論文が約12万点です。資料例として、武者小路実篤の『人生読本』や『オリンピック競技大会報告書. 第18回(1964年 東京)』、『東京大学経済学研究』などが挙げられています。

文: タニグチナオミ

関連エントリー