• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

昭和38年豪雪の様子を写真で ジオテクサービスが公開する「記録写真集」



昭和38年豪雪の記録写真集|ジオテクサービス株式会社

写真は、新潟県長岡市で撮られたとみられます。ジオテクサービスによると、撮影者は既に退職しており、正確な撮影日時や場所は不明とのことです。

写真からは、バスよりも高く積もった雪や、2階の窓を玄関代わりにしている様子などが分かります。1961年(昭和36年)に長岡市で始まったとされる「消雪パイプ」の写真もあります。

昭和38年1月豪雪は、1962年(昭和37年)12月~1963年(昭和38年)2月に発生した記録的な豪雪です。北陸地方を中心に広い範囲で降雪が持続。新潟県長岡市で318センチメートル、富山県高岡市で225センチメートルの最深積雪を観測しました。鹿児島県阿久根市でも積雪が38センチメートルに達しました。
昭和38年1月豪雪 昭和37年(1962年)12月~昭和38年(1963年)2月

文: 青山祐太郎

関連エントリー