• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

シャキシャキのアスパラガスをきんぴらや生ハム巻き、パスタ、炊き込みご飯に


■ サクサク感がうれしい「パン粉焼き」


グリーンアスパラガスのサクサクパン粉焼き|とっておきレシピ|キユーピー

アスパラガスを丸々1本使う「サクサクパン粉焼き」。下半分の皮をむいたアスパラガスに、小麦粉、溶き卵、パン粉を付け、多めの油で揚げ焼きにします。仕上げにシーザードレッシングをかければ完成です。

■ サヤインゲンやパプリカと一緒にカラフルな「きんぴら」


五色きんぴら|レシピ|ゆとりの空間オフィシャルサイト

料理研究家の栗原はるみさんは、食感のいい野菜で作るカラフルなきんぴらのレシピを、自身のサイトで紹介しています。下準備したアスパラガスとサヤインゲン、ニンジン、パプリカ、さつま揚げを炒め、しょうゆや砂糖、みりんで味付けします。食べる直前に削りがつおを振ります。

■ 晩酌にささっと作れる「生ハム巻き」


アスパラガスの生ハム巻き | ズバうま!おつまみレシピ | アサヒビール

「簡単に作れるお酒のつまみがほしい」というときは、「生ハム巻き」を試してみてはいかがでしょう? 硬い部分をピーラーでむいたアスパラガスは、耐熱皿に並べて塩を少し振り、電子レンジで約2分加熱します。氷水で冷やしたあと水気を取り、全体に生ハムを巻きます。

■ ミキサーを使って手軽に「ポタージュスープ」


優秀賞:アスパラスープ|お料理レシピ|JAさが 佐賀県農業協同組合

アスパラガスの栄養や風味をまるごと楽しめるのが、「JAさが」のWebサイトに掲載されているシンプルなスープ。ミキサーがあれば、簡単に作れます。市販の鶏がらスープに、小麦粉、マーガリンを入れてよくかき混ぜ、ミキサーでペースト状にしたアスパラガスを加えます。塩こしょうで味を調えます。

■ 焼いた鮭と一緒にバター香る「炊き込みご飯」


アスパラご飯 二種 : あぶかも

アスパラガスと甘塩の鮭で作る「アスパラご飯」は、バターの風味がたまらないという炊き込みご飯です。米3合とあらかじめさっと焼いた鮭、ゆでて切っておいたアスパラガスを、酒を混ぜた水、塩、塩麹、昆布と一緒に炊きます。炊けたら鮭をほぐして戻し、バターを加えて混ぜます。

■ アスパラガスとシラスの風味を楽しむ「パスタ」


しらすとアスパラのスパゲッティ レシピ 講師は片岡 護さん|使える料理レシピ集 みんなのきょうの料理 NHKエデュケーショナル

アスパラガスをゆでずに使うパスタのレシピがこちら。ニンニクと赤唐辛子の風味をオリーブオイルに移したあと、細切りにしたアスパラガスをしんなりするまで炒めます。オリーブオイルで揚げ焼きにしたシラス、ゆでたパスタ、パスタのゆで汁を加えれば完成。アスパラガスはゆでずに炒めることで、青々とした香りが楽しめるとのことです。

■ おいしいアスパラガスの見分け方&正しい保存方法は?


食材を知って、おいしく調理! | レシピ | ハウス食品

ハウス食品のサイトでは、アスパラガスの選び方や保存と下ごしらえのコツ、品種などを解説しています。

おいしいアスパラガスの見分け方は、「穂がふっくらとしていて先端がピンとしまっている」「緑色が鮮やかで濃く表面に筋が現れていない」「茎の太さは一定」などがポイントとのこと。新鮮なうちに調理するのが一番ですが、濡らした新聞紙に包んでポリ袋に入れれば2~3日は保存できます。冷蔵庫に立てて入れるのが、鮮度を落とさないコツです。調理の際、根元の硬い部分は手で折って取ります。


Title Photo by liz west

文: タニグチナオミ

関連エントリー