• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

行ってみたい東京のマルシェ&朝市8つ 旬の野菜や果物、こだわりの加工品などを販売


■ 太陽のマルシェ(勝どき)


Time Alive | 太陽のマルシェ

「太陽のマルシェ」は、日本全国の農家が集う日本最大規模の都市型マルシェです。農産物の販売のほか、イベントやワークショップなどを実施しています。開催日は毎月第2週目の土曜日と日曜日。時間は午前10時~午後5時(10月~3月は午後4時まで)、場所は月島第二児童公園(中央区勝どき)です。

■ Farmer's Market @UNU(青山・国連大学前広場)


Farmer's Market

「Farmer's Market @UNU」のコンセプトは、「『よい生活』は、『よい食事』から。」。開催日は毎週土曜日・日曜日で、農家や加工品の店、キッチンカーなど70店舗以上が参加します。時間は午前10時~午後4時。会場は国連大学前広場(渋谷区神宮前)です。

■ 東京朝市・アースデイマーケット(代々木公園など)


東京朝市 アースデイマーケット EarthDayMarket

「東京朝市・アースデイマーケット」は、代々木公園や日比谷公園など都内各地で月に1回開催されています。農産物や加工品、フード、雑貨、器などさまざまな商品が並びます。開催日や開催時間などは、Webサイトでアナウンスされます。

■ 安穏朝市(築地本願寺)


安穏朝市かわら版

築地本願寺(中央区築地)の境内で開催されているのが、「安穏朝市」です。採れたての野菜・果物、保存食、手作りのパンやお菓子、雑貨などが販売されます。開催日は毎月第3日曜日。時間は午前9時~午後3時で、雨天決行です。

■ 丸の内行幸マルシェ×青空市場(東京駅前)


青空市場

「丸の内行幸マルシェ×青空市場」は、東京駅前(千代田区)の行幸地下通路で実施されています。東京をはじめ、全国各地の物産品が購入できます。開催日は毎月第2・第4金曜日。時間は午前11時30分~午後7時30分です。

■ YEBISU Marche(恵比寿ガーデンプレイス)


YEBISU Marche

恵比寿ガーデンプレイス(渋谷区)のセンター広場と時計広場で催されているのが、「YEBISU Marche」。コンセプトは「Organic&Natural」で、体と環境に優しい食品を取り扱います。開催日は毎月第1・第3日曜日で、時間は午前11時~午後5時です。

■ 交通会館マルシェ(有楽町駅前)


交通会館マルシェ

「交通会館マルシェ」は、有楽町駅前の東京交通会館(千代田区)1階ピロティーで開催されています。販売されているのは、産地直送の野菜や果物などの農産品。平日は「プチマルシェ」として5ブース前後が出店しています。時間は正午~午後6時。20~25ブースが出店するマルシェは、土曜日・日曜日・祝日の午前11時~午後5時(サマータイムは正午~午後6時)です。

■ ヒルズマルシェ(アークヒルズ)


http://www.arkhills.com/marche

「ヒルズマルシェ」は、アークヒルズのアーク・カラヤン広場(港区)で毎週土曜日に開催されています。旬の野菜や果物、パン、ワイン、チーズなどの食品がずらり。マルシェに並ぶ食材を使ったフードの提供やシェフ直伝の料理教室、ワークショップなども行われています。時間は午前10時~午後2時です。


Title Photo by Banzai Hiroaki

文: タニグチナオミ

関連エントリー