• Twitter
  • Facebook
  • Google+
  • RSS

新鮮な食感が楽しめる「水」のゼリー 口の中で溶ける“信玄餅風”の限定品など


■ 金精軒の「水信玄餅」

今年も金精軒製菓をよろしくお願いいたします | 金精軒
「水信玄餅」は6月1日から! | 金精軒
山梨県北杜市の和菓子店・金精軒では、“水を食べる”という発想から生まれた水菓子「水信玄餅」を期間限定で販売しています。南アルプスの伏流水である北杜市白州町の名水を使い、形をとどめられるギリギリの硬さで固めているとのこと。口の中で消えるように水になっていく、不思議な食感が味わえるそうです。きな粉と黒蜜をかけ、信玄餅風に食べます。

水信玄餅は店舗限定で販売されています。日持ちや運搬など「販売に耐えうる条件を一切無視」して作っており、常温に晒すと約30分で本来のおいしさが失われてしまうそうです。取り扱いは台ヶ原店(山梨県北杜市)と韮崎店(山梨県韮崎市)の2店舗のみ。持ち帰りはできません。販売期間は6月から9月までの土曜日、日曜日、祝日。数に限りがあり、売り切れる場合があります。

■ 銀座コージーコーナーの「水のゼリー」

http://www.cozycorner.co.jp/product/gift/2952.html
洋菓子店・銀座コージーコーナーは、北海道の天然水を使用した“水が主役”の透明なゼリー「水のゼリー」を、4月から8月末ごろまでの期間限定で用意。ぷるんととろける食感が特徴だそうです。

何も付けずにそのまま食べると、ほのかな甘味と酸味が口に広がるとのこと。シンプルな味わいを堪能した後は、セットになっている柑橘ソースをかけてみましょう。味はオレンジ、グレープフルーツ、シークワーサー、レモンの4種類。ゼリーの食感に柑橘の香りと甘酸っぱさが加わり、夏らしい爽やかな味わいが楽しめるそうです。
北海道の天然水使用!4月16日に夏季限定スイーツ「水のゼリー」を発売|株式会社銀座コージーコーナーのプレスリリース

■ アーヴェントの「アーヴェントの富士山水ゼリー」

水ゼリー/富士山の麓・富士五湖の洋菓子と喫茶とギャラリー/アーヴェント/abend
山梨県富士吉田市の菓子店・アーヴェントが販売するのは、富士吉田市上吉田地区の水を使った「アーヴェントの富士山水ゼリー」。お菓子作りやお茶、コーヒーなどに適した“優しい水”で作っているとのこと。

袋詰めされているゼリーをよく冷やし、器に注いで食べます。好みで黒蜜やレモンなどをかけてもいいそうです。

文: あおきめぐみ

関連エントリー