読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都水族館、定置網に掛かった「ダイオウイカ」の標本展示 12/24・12/25の“クリスマス限定”で



「ダイオウイカ」の標本を期間限定展示12/24・25 (※展示は終了しました) | 京都水族館

世界最大の頭足類の仲間であるダイオウイカは、水深約400m以上の深海に住むとされています。まれに浅い海域にも出現しますが、その姿を目にする機会はあまりないそうです。

伊根浦で仕掛けられた定置網にダイオウイカが掛かったのは12月23日の早朝。衰弱していたため「残念ながら死亡してしまった」そうですが、謎に包まれた生態の解明に役立てるため、持ち帰って今後の調査・研究に生かすとのことです。京都水族館は、ブルーシートの上で広げた巨大なダイオウイカの写真をサイトで紹介しています。

生きた状態に近い標本は貴重であることから、大きさや体色などを実際に観察できるよう、同館はダイオウイカの標本を館内で展示しています。場所は1階の大水槽横「休憩ゾーン」です。

文: あおきめぐみ

関連エントリー