読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初夏の夜、京都で食・酒・文化を楽しむ「太秦江戸酒場」第2弾 5/30・31開催

京都 カルチャー グルメ ヘッドライン



▽ 太秦江戸酒場 〜幕末・夏祭り〜|UZUMASA EDO SAKABA

第2弾の太秦江戸酒場は、「新緑の大茶会」をテーマに開催。京都の有名料亭「木乃婦」や「下鴨茶寮」の料理をはじめ、京都の酒造である「黄桜」「佐々木酒造」「月桂冠」などの日本酒・地ビールを用意。会場内には町人や侍などを演じる役者が歩いており、チャンバラショーも繰り広げられます。和装で参加すれば、無料の記念撮影サービスを受けられます。

「京提灯」や「つまみかんざし」などの手作り体験も実施。寺社の襖(ふすま)絵からクラブのグラフィティーまでを手掛ける絵師ユニット「だるま商店」によるライブペインティングや、未生流笹岡・笹岡隆甫さんによる生け花などの実演も楽しめます。東映の役者が演じる浪人と、飲みながら悩み相談ができる「浪人BAR」にも注目です。

入場チケットは、以下のWebサイトから購入できます。場内での飲食代は、別途必要です。未成年は入場できません。往復バスと入場チケットがセットになった、日帰りのバスツアープランも用意されています。

5/30土曜「太秦江戸酒場」入場券 /EDO SAKABA Ticket | Peatix

5/31日曜「太秦江戸酒場」入場券 /EDO SAKABA Ticket | Peatix

お探しのページは見つかりませんでした 404Notfound|リビング京都

文: 文月聡

関連エントリー